たいせつな人と肩を並べてみてもらいたい。そんな映画です。

 

ひとりとして同じ嗜好性をもった人間がいないように。ひとつとして同じかたちをした夫婦やカップルは、この世に存在しない。

これ、当たり前ではあるんだけれど、日々の生活のなかで、どうしても見失いがちなことなんじゃないかな。

もしも、いま。たいせつなパートナーがいながら、その関係性に自信をもって「しあわせ!」と言えないのだとしたら、ぜひふたりで肩を並べてみてもらいたい。今日紹介する『しあわせの絵の具』は、そんな映画作品です。

愛を知らないふたりが見つけた
ちょっとおかしな「夫婦のかたち」

 

かんたんにあらすじを説明します。

これは、カナダの女性画家モード・ルイスと夫エベレットの、実話にもとづいた物語。家庭に恵まれずに育った彼らが、運命的に出会い、結婚をし、ふたりだけのたしかなしあわせを手に入れていくようすが描かれています。

手足に障がいをかかえるモードと、不器用で口数の少ないエベレットは、トラブル続きの生活のなかでお互いを認めあい、心を通わせていきます。

その一つひとつの瞬間は、とてもささいなものではあるんだけれど。でも、ちゃんとわかるんです。「あ、いま愛しあってる」って。

愛し愛されているか
その真実は、ふたりにしかわからない

 

彼らをみていて、あらためて、愛しあい方って夫婦/カップルそれぞれだなと感じました。と同時に、愛しあえているか、その真実はふたりにしかわかならないなとも。

たとえば、第三者にパートナーのはなしをして、ネガティブなことを言われたとするでしょう。それで心を乱されてしまう人もいるかもしれません。だけど、日々、ふたりにしか通用しない方法で愛を積み重ねているなかで、断片だけをみてジャッジされてしまうのは、ちょっと違うのかな。

ふたりが愛しあえていると思うのなら、ちゃんとしあわせな関係が築けているということ。それで、それだけで、じゅうぶんなんですよね。きっと。

 

最後に。

わたしは、はからずも、この作品をたいせつな人と一緒にみました。みる前よりもみた後の方が、となりにいる彼のことを何百倍も愛おしく感じてしまって、とてもしあわせな気持ちになりました!

 

『しあわせの絵の具』

全国で大ヒット上映中!公式サイトはこちら

ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
羊の生活のようすをただ放映する、8時間にも及ぶ超長編映画『Baa Baa Land』。見たら、ほとんどの確率で眠くなるはず…。
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
ウェディング写真を中心に撮影する、フォトグラファーのAmber Robinsonさんが新しい被写体に選んだのは、自分の両親。たくさんの苦難をともに乗り越え...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...