たいせつな人と肩を並べてみてもらいたい。そんな映画です。

 

ひとりとして同じ嗜好性をもった人間がいないように。ひとつとして同じかたちをした夫婦やカップルは、この世に存在しない。

これ、当たり前ではあるんだけれど、日々の生活のなかで、どうしても見失いがちなことなんじゃないかな。

もしも、いま。たいせつなパートナーがいながら、その関係性に自信をもって「しあわせ!」と言えないのだとしたら、ぜひふたりで肩を並べてみてもらいたい。今日紹介する『しあわせの絵の具』は、そんな映画作品です。

愛を知らないふたりが見つけた
ちょっとおかしな「夫婦のかたち」

 

かんたんにあらすじを説明します。

これは、カナダの女性画家モード・ルイスと夫エベレットの、実話にもとづいた物語。家庭に恵まれずに育った彼らが、運命的に出会い、結婚をし、ふたりだけのたしかなしあわせを手に入れていくようすが描かれています。

手足に障がいをかかえるモードと、不器用で口数の少ないエベレットは、トラブル続きの生活のなかでお互いを認めあい、心を通わせていきます。

その一つひとつの瞬間は、とてもささいなものではあるんだけれど。でも、ちゃんとわかるんです。「あ、いま愛しあってる」って。

愛し愛されているか
その真実は、ふたりにしかわからない

 

彼らをみていて、あらためて、愛しあい方って夫婦/カップルそれぞれだなと感じました。と同時に、愛しあえているか、その真実はふたりにしかわかならないなとも。

たとえば、第三者にパートナーのはなしをして、ネガティブなことを言われたとするでしょう。それで心を乱されてしまう人もいるかもしれません。だけど、日々、ふたりにしか通用しない方法で愛を積み重ねているなかで、断片だけをみてジャッジされてしまうのは、ちょっと違うのかな。

ふたりが愛しあえていると思うのなら、ちゃんとしあわせな関係が築けているということ。それで、それだけで、じゅうぶんなんですよね。きっと。

 

最後に。

わたしは、はからずも、この作品をたいせつな人と一緒にみました。みる前よりもみた後の方が、となりにいる彼のことを何百倍も愛おしく感じてしまって、とてもしあわせな気持ちになりました!

 

『しあわせの絵の具』

全国で大ヒット上映中!公式サイトはこちら

失うことが、とってもこわいひとに。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...