マカオで買った「一生食べない」かもしれないもの

 

ここで紹介するのは、この間のマカオ出張の際にスーパーマーケットで見つけた食料品。すべて「可愛い>美味しそう」という理由で選んだものなので、味にはほぼノータッチです。

単なるオブジェ、インテリアとして。

中身を移し替えてペン立てに

© 2018 Mikako Kozai

 

ガソリンみたいですが、ポルトガルのオリーブオイル(マカオはもともとポルトガル領)。シガレットケースぐらいのサイズです。パッケージデザインに一目惚れしました。

中身は別の容器に移し替えて、オイルのぬめりを丁寧にとってから、職場のデスクにペン立てとして置きたいと思っています。鉛筆とか消しゴムとか、アナログな筆記用具との相性も良さそうでしょ?

目指すは、多国籍なキッチン!

© 2018 Mikako Kozai

 

どちらもオイスターソースです。李錦記の商品って日本でも売っていますが、こんなレトロなイラストがデザインされたものは、はじめて見ました。

ラックに収納している塩、コショー、砂糖、醤油、酒、みりん、オリーブオイル、ごま油、ナンプラーなどなど。我が家の些細な調味料コレクションに加えたいと思います。

目指せ、多国籍なキッチン!

とりあえず、チューブの方をセッティングしてみます。

冷蔵庫を、見た目から涼しく

© 2018 Mikako Kozai

 

「Nestle」というメーカー名はドイツ語って知ってました?

中国語では「雀巢」と言い、日本語で「鳥の巣」を意味します。で、これは「イーグルミルク(通称:ワシミルク)」という商品。ワシの何かを配合しているわけではありません。普通の練乳です。

味はさておき、鮮やかなブルーに夏を感じます。ベランダに風鈴、リビングにはい草ラグ。冷蔵庫にイーグルミルク……そうだ、そろそろ模様替えしなきゃ!

雑多なお菓子バスケットに統一感を

© 2018 Mikako Kozai

 

お菓子のパッケージって大抵うるさいです。

バスケットにまとめて収納しても見た目に雑。全然可愛くならない。そこで、このドリアンキャンディの出番です。ぶっきらぼうなキャンディなら統一感が出てスッキリした印象になりそう。

ちなみにコレは食べてみました。ハイ、想像通り、いまいちでした。

 

Top photo: © 2018 Mikako Kozai
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
昔ながらの中国が色濃く残る。
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
ここ、どーこだ。
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
iHerb(アイハーブ)を手軽に買える輸入食品店としておすすめするTABI LABO編集部が、じっさいに食べてみておすすめの食料品をピックアップ!2020...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
「ナイキ」の「ジョーダン」ブランドより、八村塁のシグネチャーモデルが登場。彼のルーツである日本とペナンを左右異なるデザインで表現した新たなシューズだ。
「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)が、ロシアでバイオプリンティング事業を展開する「3D Bioprinting Solutions」と協力し、3...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...