マカオで見つけた「不思議なドリンク」 vol.1

 

初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!マカオで見つけたそんな不思議なドリンクを、2回にわたって紹介していきます。

涼粉仔
(仙草ゼリー入りミルク)

6517720178753536

仙草というシソ科の植物をゼリー状にして、甘めのミルクに入れたドリンク。その味のコントラストはコーヒーゼリーに近いのかも。一応、健康飲料らしいです(でも、ぜんぜんそんな感じはないです)。

檸檬可楽
(レモンコーラ)

6174151786102784

こちらは温かいコーラ。完全に炭酸が抜けて、あの独特の甘みだけが残っています。マカオでは「喉にいい飲み物」といわれているのだとか。

コーラを温めてレモンを絞るだけ、という簡単なレシピみたいなので、気になる人はお家で試してみてもいいですね。

涼茶
(漢方茶)

6095927815176192

中華圏で親しまれている甘めの漢方茶を総称して涼茶といいます。写真はセナド広場周辺で飲んだ「外感茶」という種類。

風味は豊かでありながらスッキリとした苦味もある不思議な味は、どことなくウイスキーのそれに似ていて、お酒が好きな人は気に入るかも!

凍菊蜜
(菊のジュース)

4821242456571904

緑茶のような見た目ですが、ジュースです。スッキリと程よい甘さで砂糖水に近い味は、暑い夏の日にぐびぐび飲みたくなるような感じ!


タイパ・ヴィレッジやセナド広場周辺に行けば、これらが飲めるローカルなカフェやレストラン、スタンドがたくさんあります。見かけたらぜひ一度試してみてくださいね。

 

Licensed material used with permission by Kozai Mikako
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
昔ながらの中国が色濃く残る。
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
ここ、どーこだ。
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
みんなが持ち寄りがちな揚げ物や炭水化物系フード……どれも花見にはマストだけど、そればかりだとどうしても色気がない。ビニールシートの上にも「彩り」を加えたい!
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
Why Juice?は、現代人に必要な「バランスのとれた食生活」を、 Easy&Fastなアプローチで解決するジュースブランド。栄養素を壊すことなく生きた...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...