ポートランドで買うべき「ツウなお土産」を、在住者ならではのセレクトで。

アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多く。特にサードウェーブコーヒーやクラフトビールは、言うまでもなくこの街の代名詞で、お店で体感したついでに買って帰るという人も少なくないはず。

でも、そんな“THE PORTLAND”なモノ以外にも、この街には魅力的なお土産が溢れています。以下に紹介するのは、現地在住の知人にピックアップしてもらった4種類。実際に住んでいるからこそのラインナップは、どれもオーガニックで女性に喜ばれそう!

僕たちの"グッドライフ"を探して

カラダの中から燃え上がる感覚
「究極のオーガニックトニック」

3f6e63bd9aa8c68dd56a512c20af01b472d11840

栄養価の高い野菜やフルーツ、ハーブにスパイスを4〜6週間ほど漬けた有機ビネガー。

もちろん、全てオーガニックのものを使用。ソーダで割ったり、サラダにかけたりと使い方はさまざまだけど、個人的なオススメはショットのようにストレートで飲むこと。名前のFireどおり体内から燃え上がる、カッとした感覚を味わえる、まさに健康トニックです。小瓶サイズがあるのでいろんな味を少しずつ楽しめるし、お土産にもちょうどいいサイズかと。

ちなみに、毎日摂取することで、日々の風邪やあらゆる症状の予防手段になるとのこと。旅の疲れや仕事の疲れもこれ一本で!

オーガニックでグルテンフリー
「魔法のチョコレート」

A2173779e574e86cc230f6952d3d4c8ef38fa645

西海岸のラブ&ピースの風を感じる、BUDDHA CHOCOLATE。

作り方から材料まで、こだわり抜かれた製法は、彼らが追求して得た”magical alchemy”(魔法の錬金術)によるもの。
砂糖はココナッツシュガーを使用し、グルテンフリー、パレオフレンドリー、ビーガンでも食べれるというまさに魔法のスイーツ。

たくさんあるフレーバーが感度をさらに刺激し、目を覚まさせてくれます。スピリチャルなパワーをもったこのチョコレートが舌の上で溶けていくと、味わったことのない高揚感と至福のひとときが体験できました。

しっとりお肌のための
「スキンケアアイテム」

44e26d6d0f4f29638ed5085fc1fb5c62e9fd8179

化学薬品や添加物を一切使わない、ビーガン石鹸で有名なMaak Labが作っているスクラブソルトとウェットペーパー。

ウェットソープと呼ばれているこのペーパーは、そのまま身体や手、顔を拭くような感覚で洗うことも可能。ペパーミントとベルガモットの香りが漂うスクラブは身体全身、お顔にまで使える優れもの。スクラブなのに塩の硬さを感じることのない嬉しいアイテムです。

ペパーミント、ラベンダー、ひのき、ベルガモットのオイルが配合されていて洗い流した後のお肌はしっとり。

たった一粒で、深い味わい
「ハンドメイドのフレークソルト」

671e616f2804fdabfb5c6039227d7f87676516b4

2011年の創業以来、瞬く間に人気になった塩。

オレゴン州ネターツ湾の海水からできているハンドメイドのフレークソルトは、たった一粒だけでもその深い味わいを感じることができるほど。現地のファーマーズマーケットで新鮮な野菜を買ったあとは、何も調理せずこの塩をつけてぜひ味わってみて。

ミントタブレットのようなケースに入っているので持ち運びも便利。ヘルシーライフのお供にもってこいです!

B0ee2c271fd6997401cc9db14d41af2da3c38a37
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...