汚水からビールを醸造!?ポートランドで始まった驚きのリサイクル計画

以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚水を浄化して地ビールを醸造しようという団体もいるようです。

オレゴン州ポートランド郊外で水道事業を手がける「Clean Water Services」は、地ビールメーカーに対し「下水を浄化した水でビール作りに挑戦して欲しい」と、話を持ちかけたといいます。

汚水を「浄化」した水で 地ビールを醸造

同州の地ビールクラブ「Oregon Brew Crew」は、世界的な課題である「水源の確保」に対し、汚水の利用にチャレンジしたいと前向きな姿勢を示しているよう。実際に使用された装置で浄化した水は、飲料水としての連邦基準もクリアしており、すでに多くの地区で利用されているのだとか。

昨年秋には、パイロットプロジェクトとして、テュアラティン川の水を使用した16種のビールが1,000ガロン(およそ3,800リットル)程醸造されています。 ブリュワーにもよりますが、ミネラルを追加することができる純水を利用することには大きなメリットがあるようです。なぜなら、硬水に含まれたミネラルを除去することはとても難しく、味への影響も大きいのだそう。

ビールを飲みながら 環境問題を語り合おう

汚水を飲料用の水源とするためには、消費者の環境保護の意識をさらに高めていく働きかけが欠かせません。そのため、ポートランドで醸造業を営むアート・ラランス氏は、汚水を使用したビール醸造コンテストを提案するなど、新たな取り組みも行っていくようです。

「Clean Water Services」のスポークスマン、Mark Jockers氏は以下のように語っています。

「私たちの本当の挑戦は、自然や水についてもっと語りあえる場を作ることです。語り合いには、ビールがあった方がいいものでしょう?」

「地球上で最も綺麗な水になる」と語る同氏。環境への問題意識と、浄化技術の進歩。そんなことを話し合いながら飲むビール・・・。実際にどんな味がするのか、ちょっと試してみたい気がしませんか?

ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
「Craigslist」がこの世に生まれてから約24年。ついに公式アプリをローンチした。
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...