自宅でビールを醸造できる夢のアイテム「MicroBrew」

コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。

「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビールを自宅で作れてしまう優れもの。その他にも注目するべき点がたくさんありますが、まずはその外観から見ていきましょう。

自宅でビールをつくれる
マイクロブリュワーが登場!

Bd399fe97fb68e5cb8b7e0513772207eb7e0a583E2fe1473db71c000a081dd06e6f6fb523dad2ec629fecd2b4aa453444397f86df6079948097245ab

タップが付いた樽の見た目もキュートです。サイズは横幅28cm×高さ55cm×奥行43cmとちょっと大きめに感じるかもしれません。が、一度に5リットルのビールが醸造できるようになっており、飲む量を考えるとこの位はあった方が良さそうですよね。

好きな味や香りを
アプリで調整

60ffd96ae76db8ab4b52bf7b506372e2437dfba0931ca33f0acf3e45ac20243ed2e39ba1bbcfb37d

モルトやホップなどなど、使用する材料はアプリを経由して世界中から購入できる仕組みに。フレーバーやテイストはスマホでバランスを調整してから注文できるので、自分好みのビールに必要な材料が簡単に選べます。

注文した材料が届いたら、ブリュワーに入れて環境設定後にスイッチオン!3時間半ほどで煮沸・冷却が済み、それから1週間ほど発酵させれば出来上がり。時間がかかりますが、さらに1週間ほど熟成させればヴァイツェンビールも作れるというから魅力的です。

さらに、出来上がったビールは樽の部分を取り外して持ち運びが可能。保冷機能もあるので冷えたビールを外で楽しむこともできます。

C7138fb07c0a6eeca35d49b82ca6eeaeefd0a356

オリジナルレシピを
世界中にシェア

Fcae43be823aa435679b9596b1380959accb0612

オリジナルビールなんてハードルが高い!というあなたも、コミュニティ機能を活用すれば人気のレシピを探せます。まずはそこから試し、後でバランスを微調整していけば、自ずと自分の口にあったビールに仕上がっていくかもしれません。それに、オリジナルでなくともいろいろなビールが楽しめそうでワクワクしますよね。

今はIndiegogoで開発資金を募っており、2016年4月に販売開始予定。送料込みの2,100ドルから事前予約できます(約25万5千円※2015年11月6日時点)。

ビールへの強いこだわりを持っているあなたにとっては要注目のアイテムと言えるのでは?ちなみに、国税庁のwebページにも説明がある通り日本では酒類を製造するために税務署長の免許が必要となるため、醸造する際にはご注意を!

Reference:国税庁
Licensed material used with permission by MINIBREW
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...