シドニー在住者必見の「ビールに関する楽しいお仕事」

オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。

Chief Clock-Off Officer。

意訳すると「時短リーダー」といったところ。

仕事内容は、社内のタスクやリソース配分を整理して効率化をはかる……なんてことではまったくなくて、「仕事を早く切り上げて同僚と一緒にビールを飲みにいく」や「ビールを楽しむのに最適な場所をリサーチする」などなど。

つまりは、ビールを楽しむ文化を促進するアンバサダー的な人を募集しているんですね。自社のWEBサイトに掲載しているのではなく、ちゃんと求人サイトに掲載しているところにこのジョークの本気度が伺えます。

シドニーに住んでたら絶対応募してるな、これ。で、Chief Clock-Off Officerって名刺も作るな、絶対。

Reference: Seek
Top image: © iStock.com/mediaphotos
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
平日の昼に訪れたシドニーで見たのは、ビジネス街をスーツ姿の人々と一緒に半裸やランニングスタイルのマッチョが歩く光景。彼の地のエグゼクティブたちはランチタイ...
新たな観光スポットとして要チェックです。
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
シドニーで人気の複合施設「The Grounds of Alexandria(ザ・グラウンズ・オブ・アレクサンドリア)」。ここが今、7月21日までの期間限...
先日シドニーの空港を利用した際のこと「プライオリティ・パス」ってものをもっていたら、カフェや飲食店で無料の食べ歩きができてしまいました。4軒を“はしご”し...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白い。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!ここでは、一見ホラーだけど妙にかわいらしく思えてくる缶ビールをご紹介...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...