緑が少ない場所で育つと子どものIQは低くなる【研究結果】

住んでいる場所子どものIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いということがわかった。

7歳〜15歳の子ども620人を対象におこなわれた今回の研究では、住所、性別、両親の学歴など、子どもと環境に関するさまざまな情報を集計。

その後、航空写真を使って、公園や庭園、道端の木々などを含む、彼らが住む街の“緑の量”を測定した。

2つのデータを照らし合わせた結果、半径3km以内の緑の量が3%増えることでIQが2.6上がり、攻撃や非行などを起こすリスクを表す「外在化問題行動スコア」2ポイント低いことがわかったとか。

すでに緑がたくさんある郊外エリアに住む子どもたちには、同様な関係性はみられなかったという。

また、身近な緑は子どものIQアップの効果だけでなく、大人になってもいい影響があり、エクササイズのモチベーション気分を上げてくれたり、コミュニケーションを促すなどさまざまなメリットがあるそうだ。

Top image: © Anna Kraynova/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事