緑が少ない場所で育つと子どものIQは低くなる【研究結果】

住んでいる場所子どものIQの関係についての研究によると、緑が少ないところで育つと平均で約4%もIQが低いということがわかった。

7歳〜15歳の子ども620人を対象におこなわれた今回の研究では、住所、性別、両親の学歴など、子どもと環境に関するさまざまな情報を集計。

その後、航空写真を使って、公園や庭園、道端の木々などを含む、彼らが住む街の“緑の量”を測定した。

2つのデータを照らし合わせた結果、半径3km以内の緑の量が3%増えることでIQが2.6上がり、攻撃や非行などを起こすリスクを表す「外在化問題行動スコア」2ポイント低いことがわかったとか。

すでに緑がたくさんある郊外エリアに住む子どもたちには、同様な関係性はみられなかったという。

また、身近な緑は子どものIQアップの効果だけでなく、大人になってもいい影響があり、エクササイズのモチベーション気分を上げてくれたり、コミュニケーションを促すなどさまざまなメリットがあるそうだ。

Top image: © Anna Kraynova/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
今年で40周年を迎えるアイスキャンディー「ガリガリ君」の新味「ガリガリ君ジンジャーエール」と「ガリガリ君レモンスカッシュ」が今月19日(火)から全国発売。
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
ミシュランガイドに掲載され続けているピッツェリアの有名店「PST六本木」が、冷凍ピザの宅配をスタート。
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
「ザ・ウイスキー・スタジオ」は、ウイスキーに興味のある人や初心者などがウイスキーの楽しさを体感できる定額制サブスクリプションサービス。自宅に毎月テーマに合...
先日お伝えした「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」によるコラボレーションコレクションの一部が「ポケモンGO」にも登場するらしい。実際のコレクションと同じデ...
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
「ハーバード大学」のダニエル・ギルバートによると、人は同じ人物でいることはなく、関心、目標、価値観は変わるという。にもかかわらず、ほとんどの人が少ししか変...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...