あなたは内向的?外交的?レモンでチェック!【研究結果】

性格診断はお好きですか?

複数の質問に答えていくと、最後に強みや弱み、好きなこと嫌いなことの傾向などが明らかになるアレです。ほとんどの診断に、社会との関わり方を表す「外向性」「内向性」の項目もあるけれど、拮抗していたり、自分ではしっくり来なかったり……。

じゃあ、嘘も遠慮もない身体反応に教えてもらいましょう!ってことで、ペンシルベニア州立大学の人格心理学教授Kevin Bennett氏の研究をご紹介。

同氏考案の「レモンテスト」により、外交的な人より内向的な人の方が、レモン果汁を舐めた時の唾液の分泌量が約50%多いことが判明した。ちなみに男女とも同じ結果に。

カギを握っているのは、食べ物や人との接触による刺激・興奮を大脳皮質に伝えて、身体反応を起こさせるシステム「網様体賦活系(RAS)」だ。

内向性の人の場合、RASが活発になるまでの刺激のハードルが低く、外向性の人では高くなるんだとか。つまり、少しの刺激でも唾液が出たり落ち着きがなくなるか、より強い刺激がないと特に変化しないかで、どちらかがわかるということ。

問答無用で自分の刺激のハードルがわかるレモンテスト。友達や家族とやってみてはいかが?

【レモンテスト】

◆用意するもの:
レモン1/2個、綿棒、クッキングスケール

◆やり方:
①レモンを舌の上に乗せる(20秒間)

②飲み込まずに口を閉じる(2秒間)

③綿棒を口の中に入れて閉じる(10秒間)

④唾液をすべて吸い取った綿棒を、クッキングスケールに乗せて重さを測る

Top image: © iStock.com/alexbaumann
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。