「大勢よりも一人のほうがラク!」という人に、14枚のイラストを贈ります。

そんな細かいこと気にしなくていいのに、寝る前に必ずしてしまう一人反省会。そして、何よりも楽しいひとりで過ごす時間──。他人と話すのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが以下。描いているのは、イラストレーターのDebbie Tungさんです。

01.
ひとりの反省会

友達と楽しく一日を過ごした日の夜。

「さて、今日一日の反省会の時間です。今日はどんな恥ずかしいことを言っちゃったかな…」

02.
私なりの正装です

リラックスできる部屋着が、ね。

03.
体力ゲージ

何もしなくても、人がたくさんいるだけで疲れちゃう。

04.
あれ、あの子と
ハグする仲だっけ?

「今日は楽しかったよ!またね!」

友達と別れ際にハグしたあと…

どうしてハグなんかしちゃったんだろう、きっと変なやつだと思われてるんだろうな。

そもそもハグするほど仲良くなかったかも、これから毎回ハグしなきゃいけないのかな?どうしよう、どうしよう…

もう死にたい!

05.
私の目を
輝かせるのは

「ねえ、なんだか嬉しそうね。どうせ新しい本でも届いたんでしょ?」

「分かる?今サイコーの気持ち!」

06.
人に会うには
パワーが必要なんです

「今朝出かけてる間に、お隣さんが荷物を受け取ってくれたみたい。早く取りお礼を言いに行かなきゃ」

…と思っている間に日が暮れました。

07.
基本的には出不精

「出かけなきゃ」

「でも、全然どこにも行きたくない」

08.
雨の日って

「今日は朝から雨だから出かけられないな。…最高だね」

09.
よし、社交的になろう

「オーケー、私、社交的になる準備できたと思う」

「気のせいだった」

10.
ポツン

知っている人が誰もいない、社交的な人たちが集まっているイベントでひとり取り残されることほど怖いことはない。

11.
パーティーの準備?

「こんにちは。今日はたくさん買うね。パーティーか何か?」

「ええ、まあ、そんなところです」

ウソは言っていない。おひとりさまパーティーだけどね。

12.
至福のひととき

何もしないで、ひとりでずっとのんびりする日。

「ああ、今日ってサイコー!」

13.
心の準備はOK?

パーティーに行く前の準備

ステップ1:パーティーに来る知り合いのことを考える。

ステップ2:パニックになる。

14.
カップルの場合

家に帰った途端に、自分がでてくる。

これらのイラストを手がけているイギリス在住のDebbieさん。

芸術科の学位に加え、コンピューターサイエンスの修士を持っているという彼女の本業は、なんとプログラマー(しかもこの仕事が大好きなんだそう!)。

「プログラミングとお絵かき、まったく正反対なふたつのことに取り組むことで、私はバランスを取っているの」

どちらにしても部屋にひきこもることが好きな彼女のイラストだからこそ、なんだか共感できたのかも?

Licensed material used with permission by Debbie Tung(Instagram), (Tumblr)
人から注目されることが苦手でも、ぜんぜん大丈夫。
もしもあなたが内向的なら、幸せになるためには外向的な人と違うことをする必要があります。外向的な人のほうが有利な世の中。内向的な人は、不満が溜まってしまいま...
人の性格って、そんなシンプルなものじゃない!…とは思いつつ、こういう診断って気になってしまうもの。インド発のウェブメディア「WittyFeed」のイラスト...
よく内向的な人たちは特徴的で、変わっているとレッテル貼られます。でも逆に内向的な人から見たら、周りがやっている普通のことが理解できないのです。内向的な人た...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
パーティーで騒ぐのも、コーヒーを飲みながらゆっくりするのも、どっちも好き!
もしかしたら、あなたは「内向的」の使い方を間違っているかもしれません。「内気」とはまた違う「内向的」な性格の特徴とは?あまり知られていない、彼らの意外な一...
よく話題に上がる、外向的な性格と内向的な性格の比較。いろいろな説やコラムがありますが、一体どちらがイイのでしょう。また、性格は成長過程や、生活していく上で...
自分は外向的なのか、それとも内向的なのか、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。でもどちらのカテゴリーにもはっきりと当てはまらない人も少なくな...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
イラストレーターのNeethiは、いわゆる“コミュ障”の心理を描写しています。彼女は、外交的な人も内気な人々の「心の状態」を理解することで、周囲も本人もそ...
もじゃもじゃのカーリーヘアの悩み多きな女子がキャラクター。一見派手なヘアスタイルにには様々な問題が…。そんな彼女の心のつぶやきを描いたイラストが、Inst...
内向的な性格と聞くと、一般的にはネガティブが意味合いで捉えられがちかもしれない。ノリが悪いとか、外出しないとか・・・。今回は外向的な人にとってはよくわから...
真逆の性格を持つことは矛盾している…かと思いきや、人間とは思いのほか柔軟なもので、時と場合によって緩やかに変わりえるもの。O.I. Okoyeさんが「El...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
心理学者のカール・ユングは人格を「外向性」と「内向性」の2つに分類しましたが、実際、人間はもっと複雑なもの。統計上は、両方の性質を兼ね備えた「両向型」の人...