内向的な人は「恋人」としてのスペックがとても高い8つの理由

どことなくミステリアスな雰囲気で、自分からはあまりベラベラ話をしない「内向的」な人たち。グループのなかにいると彼らの強みは隠れてしまいがちですが、いざ恋人同士になると、相手を飽きさせることがないほど、魅力でいっぱいなんだとか。

そんな彼らを「I heart intelligence」のライターRobyn Reischさんが、「内向的な人の恋人としての8つの魅力」としてまとめています。普段目立たないからといって、恋人候補に入っていない…なんてことはありませんか?

これを読めば、選択肢がぐんと広がるかもしれません。

01.
人生が充実しているから
自分に肯定的

彼はひとりの時間を楽しむことができるから、自分のことをよく理解しているの。そして、自分のことを肯定的に捉えているわ。

きっと自分にするのと同じように、彼女になる人のこともよく理解して、愛してくれるでしょうね。

02.
個性的でクリエイティブ

内向的な人は、独自の世界観を持っているからユニークな視点で物事を見ているの。そして、それをアートや音楽、文章で表現する。

彼らは会話より、そうやって自分を表現することを好むもの。彼のクリエイティブな一面にはよく驚かされるわ。

03.
精神的に自立して
それぞれの時間を大切にできる

彼はとっても精神的に自立しているから、ひとりでいても楽しめる人。「彼女と一緒にいたい」という意思で一緒にいてくれるけど、もし彼女が「2〜3日ひとりになりたい」と言ったとしても、文句なんて言わない。

むしろ、あなたが精神的に自立していて、オトナの女性であることを喜んで受け入れてくれるはず。

04.
誠実だから余計な
駆け引きなんてしない

パートナーを尊敬していて深く愛する彼は、無駄な駆け引きなんてしない。ゲームみたいに、わざとあなたにヤキモチを妬かせて楽しむなんてこともしない。

彼は、最愛の人をとても大切にするタイプだから。

05.
聞き上手で
深く理解してくれる

人の話を真剣に聞くのって、なかなか難しいこと。でも、彼はそれに長けているタイプ。

あなたの話を全力で聞いてくれて、しかもちゃんと応えてくれる。一緒にいるとき、すぐにあなたのことを理解してくれるのは、彼。

06.
あなたに共感してくれる

内向的な人はとても繊細で、自分の感情に敏感。もちろん彼女の感情にもね。

だから、あなたの話を聞くと彼は深く共感してくれるし、批判するのではなくアドバイスをくれるの。

07.
自分に誠実でブレない

社交的でいることが求められる今の社会では、内向的でいることは少し大変だと思うの。だって、彼は周りに合わせて自分の意見を変えるなんてことはしないから。

ときには人とぶつかることもあるけど、自分の考えをもっているのってステキよね。

08.
どことなくミステリアス

ときどき、「彼は私のことをよく知ってくれているのに、私はそれほど彼のことを知らないな」って思うときがある。でも、それが私を燃えさせるのよね。

内向的な人は、本当に魅力的。彼らは自分をしっかりと持っているから、周りでハプニングが起こってもあまり動じない。それに、ひとりでいても楽しいことをすぐに見つけてしまうから、退屈なんてしないの。

Licensed material used with permission by I heart intelligence