『鬼滅の刃』作者が『TIME』誌の「次世代を担う100人」に!

米誌『TIME』が発表した「次世代の100人(TIME 100 NEXT)2021」に、なんとあの日本人が選出された。

選ばれたのは、あの『鬼滅の刃』原作者の吾峠呼世晴先生

漫画家が選出されたのは今回が初めてのことだそう。

© TIME/Twitter

「Phenoms(天才たち)」のカテゴリに位置づけた同誌は、吾峠呼さんを顔も本名も明らかになっていない「ミステリアスな人物」と紹介しているが、『週刊少年ジャンプ』の編集者によると「『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎の真面目で正直な、責任感の強い性格が作者自身のものを反映している」という。

日本で大ヒットを記録した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が今年アメリカで公開されることもあり、この作品が今後さらに多くの人を魅了していくことへの期待が高まる!

ほかの選出された人たちが気になる方は、タイムの特設ページからどうぞ。

Top image: © 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事