「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子どもなりの視点で世の中の便利を「クリエーション」、これがスゴかった!

子どもの発想力に
大人は気づいていない

Photo by the INVENTORS! project

イギリス人デザイナーで発明家のDominic Wilcoxさんは、これまで450人以上の子どもたちに発明品のアイデアを描いてもらうプロジェクト「the INVENTORS project」を実施しています。
もちろん、ただ描いてもらって終わりではありません。子どもたちのアイデアを実際にカタチにする(ものによっては3Dイメージ)までを行い、彼らにものを生みだす楽しみを伝えるという試み。他にも、イギリス政府より依頼を受け、学習障害を抱える人々への発明フロジェクトも実施しているそうです。

では、ここからは実際に子どもたちの発明品をチェックしていきましょう!彼らのアイデアを元に独断ですけど、「実用度」と「面白さ(発症力)」を星の数で表してみました。

01.
プリングルスホック
実用:★★★★★
面白:★★☆☆☆

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

大好きなポテトチップス。食べ続けているうち、だんだん指が届かないところまでいっちゃった…。いかにも子どもらしい着眼点と拍手したくなる、この発想力にあっぱれ。下の方のチップスもこれなら簡単に取り出せる。11歳のジョージアちゃんの発明は誰もが喜びそうなアイデアでした。
でもこれ、最初どうやって「ホック」を中にいれるんでしょうね?

02.
全自動食品冷却フォーク
実用:★★★★★
面白:★★★★☆

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

こちらも子どもならではの大発明。6歳のアメリアちゃんは、日常生活の中から彼女がいちばん困っていることに着目したんでしょうね。どうやら“ねこ舌”な彼女。料理が冷めるまでごはん待つより、こんなアイデアを思いつきました。

下の写真は、発明を元に3Dデザイナーがグラフィックに起こしたもの。わかります?フォークの柄に小さなファンが装備されています。風はホークの先に空いた穴から直接料理に。この着眼点、大人の私たちからはゼッタイ出てこないって?

03.
緊急救命バンド
実用:★★★☆☆
面白:★★★☆☆

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

ダニーくん9歳は、人命救助のための偉大なアイデアを生み出しました。それが、こちらの「Life Band」。もしも、プールや海で溺れてしまったとしても、このリストバンドを腕にしていれば心配ご無用。ボタン一つで、中から風船が膨らんで浮き輪代わりになるという優れもの。このダニーくんのアイデアを、プロダクトデザイナーのAndy Mattocks氏が具現化していきます。より力強い浮力を得るために、Andy氏は空気を圧縮した小型ボンベを搭載。実用化に向けて動きだす!?

04.
全自動ハイタッチマシーン
実用:★☆☆☆☆
面白:★★★★☆

Top Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

いったい、なんのため?どんなときに使うのか?そんなこと関係なしに、自分の「あったらいいな」を発明した6歳のオリバーくん。きっと気分ノリノリのとき用。
ところが、その発明は結構こだわりがあるんです。まずは、このマシンの前で叫びます「ハイ・ファイブ!(ハイタッチのこと)」すると、マシンの手が赤色に変色、その後、赤い手が前方にハイタッチを求めてやってくるという仕掛け。面白い!

05.
ファミリースケーター
実用:★★☆☆☆
面白:★★★★☆

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

ウェンディーちゃんお気に入りのキックスケーター。これを家族が連なって楽しもうというのが彼女のアイデア。いわゆる3人乗り、4人乗り自転車の要領で、みんなで息を合わせてこいでいくんだそう。
このアイデアを持って実際に自動車工学研究所AMPを訪れ(もちろんプロジェクトの一環)たウェンディーちゃん。ラボで溶接のお手伝いをしたそうですよ。6歳らしい発想がナイス!

06.
全自動なわ跳びマシーン
実用:★★★★☆
面白:★★★★☆

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

クロエちゃん6歳は縄とび。でも、もちろんただの縄とびではありません。なんと彼女のアイデア、グリップ部分にプロペラが付属されていて、上空にホバリングする設計になっているんです。つまり、手ぶらで縄だけが目の前に回ってきてくれる仕様です。子ども用だけでなくても、エクササイズに使える!?

07.
照明付きウィッグ型ヘルメット
実用:★☆☆☆☆
面白:★★★★★

Photo by the INVENTORS! project
Photo by the INVENTORS! project

9歳のケイティちゃんは、暗い夜道が苦手。自分と同じように怖がりな女の子が安心して夜道を歩くための発明がこちらのLEDヘルメットだそう。スッポり頭から被った際、おでこからサイドにかけて埋め込まれたLEDが前方を明るく照らしてくれる設計。サイドのカラフルな飾りにもLEDが内蔵。不安を払拭し、オシャレにもこだわりたい。女の子ならではの発想が◎!

Licensed material used with permission by the INVENTORS! project
他の記事を見る
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書きを撮影して、それらを性別ごとに徹底的に分析したプロジェクト。
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
「EMPTY Photo Project」に参加するのは、子どもをなくした経験のある人たち。そこでは彼らが体験した苦悩が綴られています。
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...