子どもたち歓喜!すべり台付きの家がめっちゃ楽しそう

なんと、家の中に
「すべり台」が…!

この部屋で圧倒的な存在感を示しているのは、2階から伸びている灰色の大きなすべり台。ここ、モデルルームなどではなく、実際に個人の住居なんですよ。

設計はウクライナのデザインチーム「Ki Design」。同国の都市・ハリコフに住むクライアントからの依頼に応えるかたちで、この大胆な“遊具”を取り入れました。

「2階のスペースを有効活用したい」というのがその要望。すべり台を設置してしまうなんて、なかなか思い切ったアイデア!

しかも、それでもリビングは広々としています。いろいろ羨ましい…。

普通は公園にしかないはずのすべり台が、家の中にあるなんてーー。子どもたちがワイワイはしゃいでいる光景が目に浮かびますよね!

Licensed material used with permission by Ki design
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
幸せな人生は、どうすれば手に入るの?つい難しく考えがちですが、そのための鍵は、意外と日々の生活の中に潜んでいるかもしれません。「Little Things...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...