寝静まった夜にひっそり描く、サンタみたいな看護師さん

これは、テキサス州にある「こども病院」でのお話。子どもたちが少しでもハッピーになるようにと、一人の看護師が特技を生かして“プレゼント”をつくっています。それもホワイトボードとペンのみで。

お金をかけず、子どもたちを笑顔に変える姿にグッときちゃいました。

少しでも子どもたちを
元気づけたい

Cook Children’s Medical Center」で看護師として働くEdgar Palomoさんは、空き時間をみつけては、こうしてホワイトボードに絵を描いているそうです。使われていないボードがそのまま放置されている。そこに物足りなさを感じたのだとか。

どんな絵を描くかは、子どもたちや彼らをお見舞いにくる家族からのリクエスト。けれど、子どもたちはEdgarさんの存在をほとんど知らないんだそう。というのも彼は夜勤勤務が多いから。

きっと、子どもたちにとってはサンタさんのような存在でしょうね。ときどき紙に描いて枕元にそっと置いていくこともあるというのだから。朝目を覚ました子どもたちがよろこぶ姿が目に浮かびますね。

寄せられる愛のメッセージ
「あなたに出会えて良かった」

やがて、Edgarさんの力作は病院のFacebookに投稿されるように。するとどうでしょう、これまで彼の絵に助けられてきたという多くの人たちから、お礼のメッセージが送られてきたそうです。

「彼が大好き。彼を知らない人たちにも、どれほど才能がある人か知ってもらえたことが嬉しい!やさしい心を持った素晴らしい看護師と出会えて本当に良かった」

「スター・ウォーズのキャラクターの絵を添えた誕生日メッセージを、息子の誕生日の朝、目覚める前にドアに貼ってくれてありがとう。今でも自宅に飾っているよ」

患者さんを少しでも元気にしたくて開始したアイデアは、今やスタッフ含めたすべての人たちをハッピーにしている模様です。Edgarさんの子どもたちへの優しさがじわじわ伝わってきて、心がほっこりしませんか?

くだんのEdgarさん。子どもたちの秘密でいてほしいから、もちろんうしろ姿だけ。

Licensed material used with permission by Cook Children’s Medical Center
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
ドイツの老舗傘メーカーが手掛けるブランド「Euro SCHIRM(ユーロシルム)」から、背中・バックパックを濡らさないための傘「スウィングバックパック」が発売。
ヴェネチア市にある病院「Ospedale dell'Angelo」。僕たちが考える「水の都」から橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。
サンタクロースに因んだイベントを楽しんでいた子どもたちに向かって「サンタはいない!」と叫んだ男。通報を受けた警察が到着した後も妨害行為を続け、結局、不法侵...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
日本の粉末プロテイン市場ではホエイとソイが大半を占めるなか、福岡で業務用液卵・凍結卵を製造販売している「イフジ産業株式会社」は、長年の鶏卵加工の強みを活か...
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...