「注射器」で患者をハッピーにするのは、現役のナース。

見るだけで泣いてしまう子どもがいるように、多くの人にとって注射器には「痛い」というイメージしかないのでは?

だけど、それってただの使い方の問題だと思えるアートを紹介します。感性ありすぎの現役ナースが生み出す作品は、私たちが抱いていた注射器へのイメージを簡単に覆してしまった!

キャンバスを華やかに彩る
「注射器アート」

3ba4d67886879df5c2b3a0b79757eb66c1ac4c4d31197d003bd27e810ba113643a4cb360b89f0ec66077d817428439bed9032836fb7a57096f5aa15d12feaaa78bb9ccdf4b2366610b76265a322d798988cc3cb03eacff5c975e4ba01f034334951a11e0

「絵」でも患者を癒す

この絵を描くアーティストKimberly Joy Magbanuaさんの本職は、正真正銘のナース。夜勤の日に時間をつくって作業しているそうです。

「仕事で使っているから、注射器や針のコントロールができるんだと思います」

と彼女。普段は痛い思いをしている患者さんたちも、彼女の絵に癒しを覚えるようですよ。注射というと「恐い」、「痛い」というイメージがある中、従来のイメージを変えるようなこの発想、イイなと思いました。

絵はどれも立体感があり、キャンバスから出てきそうな感覚があってオモシロい。せっかくだから、もうちょっと近くで見てみてください。


寄って見るともっと面白い

9938cd9c7fdd3fbb1102e7bdf8e9deebbc37773c

まず、土台だけ見るとこんな感じでとても簡素。

2fd31920dd28263fe0d4078fd8da178cbd5961b2

そこへ色を注入し、細部を描いて…

D87d9ab23b6cdd4fe4a2650645bc17ded632c4468a05c26755685612252c21255103fb3138cbe6b2

完成です。

動画で見るとさらに面白い

41cc0c68c4c682aa9c9e1c6c3735cfda21b297dc

動画が映している実際の作業の様子は、注射器がまるで金魚に命を吹き込んでいるかのよう。見入ってしまいます。

作品を紹介しているKimberlyさんのSNSには、「俺もアーティストだけど、今スランプなんだ。君の作品を見てインスピレーションをもらったよ」、「凄い才能だね…。絵はどこで買えるの?」など、見た人の心に響いたことがわかる感想が寄せられていました。

本職でもアートでも、患者さんを含む多くの人を癒やすKimberlyさんは、女性目線から見ても素敵だと思います。

365abf00a20e67fe6e79d60a261a201cbc28e23b
Licensed material used with permission by Kim Magbanua(Facebook), (Instagram)
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
予防接種などの注射器が必要な場合に、針を使うことなく薬物を投与してくれる「Portal Instruments」。必要な時間はたったの0.4秒なんだとか。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティー...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
ハッピーな人っているよね?「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結...
ひとくちに「器の大きい女性」といっても、どのような女性のことを指すのでしょうか。具体的に説明しようとすると難しいですよね。ここでは8つの特徴をまとめてみま...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...