「注射器」で患者をハッピーにするのは、現役のナース。

見るだけで泣いてしまう子どもがいるように、多くの人にとって注射器には「痛い」というイメージしかないのでは?

だけど、それってただの使い方の問題だと思えるアートを紹介します。感性ありすぎの現役ナースが生み出す作品は、私たちが抱いていた注射器へのイメージを簡単に覆してしまった!

キャンバスを華やかに彩る
「注射器アート」

「絵」でも患者を癒す

この絵を描くアーティストKimberly Joy Magbanuaさんの本職は、正真正銘のナース。夜勤の日に時間をつくって作業しているそうです。

「仕事で使っているから、注射器や針のコントロールができるんだと思います」

と彼女。普段は痛い思いをしている患者さんたちも、彼女の絵に癒しを覚えるようですよ。注射というと「恐い」、「痛い」というイメージがある中、従来のイメージを変えるようなこの発想、イイなと思いました。

絵はどれも立体感があり、キャンバスから出てきそうな感覚があってオモシロい。せっかくだから、もうちょっと近くで見てみてください。


寄って見るともっと面白い

まず、土台だけ見るとこんな感じでとても簡素。

そこへ色を注入し、細部を描いて…

完成です。

動画で見るとさらに面白い

動画が映している実際の作業の様子は、注射器がまるで金魚に命を吹き込んでいるかのよう。見入ってしまいます。

作品を紹介しているKimberlyさんのSNSには、「俺もアーティストだけど、今スランプなんだ。君の作品を見てインスピレーションをもらったよ」、「凄い才能だね…。絵はどこで買えるの?」など、見た人の心に響いたことがわかる感想が寄せられていました。

本職でもアートでも、患者さんを含む多くの人を癒やすKimberlyさんは、女性目線から見ても素敵だと思います。

Licensed material used with permission by Kim Magbanua(Facebook), (Instagram)
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
予防接種などの注射器が必要な場合に、針を使うことなく薬物を投与してくれる「Portal Instruments」。必要な時間はたったの0.4秒なんだとか。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティー...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...