「痛くない注射器」を発明し、億万長者になった女性の半生がカッコいい

2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグと並び称される人物だ。

例えば、2014年にもフォーブス誌が選ぶ「アメリカ富豪400人」に若干30歳(これは女性としては最年少の選出だ)にして選ばれ注目されている。彼女がこれだけの財を成した背景とは?

30歳にして
個人資産「5000億円超」

Clinton Global Initiative 2015 Annual Meeting - Day 4

彼女は何を成し遂げたのか?その答えは「新しい血液検査」の発明だ。

・親指に裁縫針ほどの細い針を刺すだけで簡単に採血できるカプセル型の注射器を開発。・1滴の血液で最大約30種類もの検査ができる。(ガン・HIV・糖尿病・アルツハイマーなど)・近くの薬局で、その場で採血できる。・検査結果は数時間で出る。・費用は平均30ドル(約3,500円)で済む。(※コレステロール値などの検査は約400円で可能に。)

これまで採血用の注射針は太く、検査には数週間かかることも珍しくなかった。それは、1960年頃から改善されることがなかった事実だ。しかし、ホルムズのイノベーションがすべて変えた。彼女が開発したわずか1.29cmのカプセル型注射器なら、簡単に親指から採血できる上、検査結果はその日のうちに知ることができる。

「お金をもっと有効に使える」
超有名大学を中退

 

英・デイリー・メール誌によると、スタンフォード大学1年目で最優秀学生の1人に選ばれるほどだったホルムズは、学費にかかるお金をもっと有効に使う方法があると考え中退を決意したという。
その後「Theranos社」を起業。10年後には従来の医療システムを大きく変える画期的な方法を開発した。

CBSには、彼女がどれだけ情熱を持って仕事に取り組んでいるかがわかる言葉が掲載されている。

「私は常に働いています。基本的に毎日朝目覚めてから眠りにつくまで会社にいます」
「億万長者になることは重要ではありません。大切なのは、どうしたら人々の生活をよりよくできるのか。それこそが働く動機です。だから、自分がしていることが好きなんです」
「私たちは、従来の太い針にとって代わる、『Nanotainers』という小さな注射器をつくりました。これなら指の血液を一滴採取するだけで検査できます」

大きな目標に向かってひた走る意思、そして、歴史的な起業家にも並ぶサクセスストーリーが、彼女に注目が集まる理由だ。

指先の血液「一滴」のみで
血液検査が可能に

shutterstock_106827539

彼女が立ち上げた「Theranos社」は、消費者が直接血液検査のメニューを選べて検査できるウェルネスセンターを増やそうと、ドラッグストアチェーンの「Walgreens社」と提携した。

しかし、反対意見もある。一部の批評家は、この採血方法では十分な血液が抽出できないと主張。だが、ホルムズの意思は固い。

「何か新しいものを作る時には疑問の声が上がるのは当たり前のことです。しかし、それは変革を起こすサインでもあります」
「これまではテストを受けるために、何か症状を発症している必要がありました。が、低コスト化が実現できれば、予防のために検査が受けられるようになります」
「注射を嫌がる子どもたちや血管の見えにくくなった高齢者も、より気軽に検査が受けられるようになるでしょう」

「ジョブズの再来」

CBSは、ホルムズをこう評している。

 ビル・ゲイツはすべてのデスクにコンピューターを置こうとした。彼女はすべての薬局に血液検査を設置しようとしている。

世界を変えた人物たちと比較される彼女だが、なかでもスティーブ・ジョブズとの共通点が指摘されることが多いようだ。それは、彼女が黒いタートルネックを愛用していること、そしてジョブズと似たマインドの持ち主であることが関係している。

「私の生きがいは、新しい"何か"を探すこと。"何か"とは、人類が知らなかっただけで、実現できることのこと」

彼女は9歳の時、父親への手紙で自身の夢についてこう説明したそうだ。
重要なのは、ホルムズがまだ31歳ということ。これからビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズを越えるほどのインパクトを社会に与える可能性を持っている。

Top Photo by JP Yim/Getty Images Entertainment/Getty Images

Reference:Time,Forbes,Daily Mail,CBS,Theranos.

本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
予防接種などの注射器が必要な場合に、針を使うことなく薬物を投与してくれる「Portal Instruments」。必要な時間はたったの0.4秒なんだとか。
一世代で成功を掴んだ億万長者はみんなエリート、と思いがちですが、実はみんな成績優秀ではなく、中間層や貧困層が出身が多いそう。それは、努力することと苦労や困...
スティーブ・ジョブズのWorldwide Developers Conferenceで彼が観衆の1人から侮辱された時の対応が、完璧なものだったと言われてい...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
注射嫌いには朗報。インフルエンザ予防ができる『皮膚パッチ式』のワクチンが開発されました。0.03インチの極細の針が100本含まれた"microneedle...
スティーブ・ジョブズがこの世を去ってから早5年。あなたには、この5年でどのような変化があったでしょうか?人の一生は、一日一日の積み重ねです。成功という高み...
誰もが「最初の一歩」を恐れる傾向にあるでしょう。それは、うまくいく保証がどこにもないから。このたび、「Inc.」のJeff Haden氏がまとめたのは、「...
糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
「失敗は成功のもと」は誰もが知っている言葉。しかし、意味は理解できてもどうすればそれを信じることができるのか、というのはまた別の話。「Spanx」を設立し...
「どうすればビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスクやリチャード・ブランソンのような偉大な人物になれるのでしょうか?」。2015年5月、アメリ...
ひとくちに「器の大きい女性」といっても、どのような女性のことを指すのでしょうか。具体的に説明しようとすると難しいですよね。ここでは8つの特徴をまとめてみま...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...