「自分の心と直感に従う、勇気を持ちなさい」。スティーブ・ジョブズに学ぶ10の哲学

本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。

優秀なセールスマンであり、素晴らしい演説家でもあった彼の言葉には、つねに驚くような知恵が詰まっていました。ここではその発言をピックアップした「inc.」の記事を紹介します。

01.
毎朝、鏡の前で問いかけた
「今日が人生最後の日なら…」

A1b63e842bd1f0de14d28a26ab1843bd261fa61a

「過去33年間、毎朝鏡の前で自分に問いかけた。

"今日が人生最後の日だとしたら、これからやろうとしていることを本当にやりたいと思うだろうか?"

もしもNOと答える日がしばらく続いたなら、それは何かを変える必要があるという証拠だ」

この言葉を、毎日肝に銘じながら生活するのは難しいことかもしれません。でも、生活にだって選択肢があるもの。どうせなら賢く選びたいものですね。

02.
「点と点」は
後になって繋がる

「これから現れるであろう点と点を事前に繋ぐことなんてできない。それは、あとになって初めてわかることだ。これから出会う点が、将来どうにかして繋がると信じるんだ。

何か信じるものを持つことだ。直感や運命、人生、カルマ、なんでもいい。それで失敗した試しはない。わたしの人生にあらゆる変化をもたらした方法だ」

03.
フォーカスするとは
「NO」と言うことだ

914ab8812eb13559b194ca1e4027cf0a6c143820

キャリアの中では、「Yes」と言い続けることよりもよっぽど大切なことかもしれません。

時間には限りがあります。リソースも同じく有限です。本当に達成しなければいけないことがあるのなら、もっと大切に使うべきですよね。

04.
成功者と呼ばれる人々は
自分の仕事を愛している

「成功している人間たちは、みんな自分のやっていることを愛している。だからこそ、タフな状況でもやり抜ける。そうでないものは途中でやめてしまう。それがふつうだ」

好きこそ物の上手なれ。だからこそ、どんなことがあっても続けることができたのでしょう。

05.
うまくいったら
次に取り掛かれ

F153e0e527593afd9fa8b2560494d20c7f895d87

「もしも何かを始めてそれがうまくいったなら、次だ。同じ場所で長く闘っていてはいけない。次に取り掛かるべきことが何か見極めるんだ」

多くの人が、過去の成功に落ち着き、今に集中して安心してしまうもの。しかし、平穏を保つのではなく、次のチャンスを掴まなければ。

06.
大きな仕事は
ひとりでは達成できない

「偉大な仕事には、チームや人々の助けが必要だ」

ジョブズは自身のビジネスモデルがどれだけ「ザ・ビートルズ」に影響を受けていたかを話したことがあります。それぞれのメンバーが欠点を指摘し合いバランスが取れていたたため、個々を合わせたものよりも優れていた、と。

ただのチームワークではなく、優秀な人々に影響されながら成長していったことで、継続的な成功を手に入れていたのでしょう。

07.
愛する仕事をしていれば
人生に満足できる

D6ef578eae8f3aec8d14c0e1167b194ab3147d33

「仕事は人生のなかでも大きな割合を占める存在になる。人生に満足するための方法は、"いい仕事"をすることだ。そして、"いい仕事"をするために必要なたった一つの方法は、仕事を愛することだ。まだ見つけられていないのなら、探し続けるんだ。妥協するな。すべての恋愛がそうであるように、見つけた時にわかる」

興味がなく、好きでもない仕事をするには、人の一生は短かすぎるのかもしれませんね。

08.
挫折しても
信念を忘れるな

「時には、ブロックで頭を殴られるようなことがある。それでも、信念を忘れるな」

ジョブズは一度、自身が立ち上げたアップル社をクビにされています。その時のことを彼はこう語っています。

「人生最大の転機だった。成功者としての重圧から解き放たれ、イチからの再出発になった。先のことは検討もつかなかったが、人生で最もクリエイティブな期間に突入した」

09.
死と向き合うことは
迷いをなくす最善の策

23328d6f48ca5e55110084a8c0f816b6191cf500

外部からの期待、プライドに対する恥や失敗、死への畏れ…。彼は、本当にそれが恐れるに値することなのか、不安を感じることなく判断できたのかも。

10.
心に従う勇気を持ちなさい
それ以外は二の次でいい

「心と直感に従う勇気を持ちなさい。それは、あなたのなりたいものが何なのか知っているものだ。それ以外は、二の次でいい」

死を意識すれば失うものなど何もなく、心に従わない理由などなくなると彼は話していました。カリグラフィーの授業を受けたり、インド旅行に行った彼ならではの言葉かもしれません。

Licensed material used with permission by Minda Zetlin
Top Photo by Justin Sullivan/Getty Images News/Getty Images
スティーブ・ジョブズがこの世を去ってから早5年。あなたには、この5年でどのような変化があったでしょうか?人の一生は、一日一日の積み重ねです。成功という高み...
誰もが「最初の一歩」を恐れる傾向にあるでしょう。それは、うまくいく保証がどこにもないから。このたび、「Inc.」のJeff Haden氏がまとめたのは、「...
スティーブ・ジョブズのWorldwide Developers Conferenceで彼が観衆の1人から侮辱された時の対応が、完璧なものだったと言われてい...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
彼が望んでも見ることのできなかった「この時」を、私たちは生きているから。
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
「どうすればビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、イーロン・マスクやリチャード・ブランソンのような偉大な人物になれるのでしょうか?」。2015年5月、アメリ...
聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていた...
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
これは、スティーブ・ジョブズの後継者でAppleのCEOティム・クックが、現地時間6月9日(金)にマサチューセッツ工科大学の卒業式で行ったスピーチ。その中...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
年が明けて、新しい目標を抱く人が多い1月。2018年が終わるときに、どんな自分だったら「最高の年だった」と言えるだろう。去年できなかったことや、反省をいか...
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
スティーブ・ジョブズもコレクションしたことでしられる川瀬巴水の版画。彼のすばらしい版画の裏には、挫折のたびに立ち上がり、版画に人生を捧げたたくましい生き様...