「世界がもし1つの国だったら…」につきまとう問題。

世界がもし、1つの国だったら──。

そんなコンセプトのもと制作された「The Infographics Show」 の動画を見つけた時、直感で「オモシロそう!」と思った。でも観覧してみたら、意外なことに、ただの理想だけではない現代にはびこる問題を直視することに。

地球に住む私たちの誰もが関係していること。ここでは、動画から抜き出した3つの問題を紹介しよう。

01.
たった8人で世界のほぼ半数に匹敵
「富」の偏りの現実

ご存知のとおり、世界の富は平均的に分けられていない。そもそも、地理的にも分散されていない。「Oxfam」が示した最近のレポートによると、世界の富は小さいグループに偏っているという。

同団体は、これを「beyond grotesque」を呼んでいる。一部のお金持ちが、貧困にあえぐ人口の約半分にものぼる富を占めていることを説明するもので、ビル・ゲイツを含む世界の上位8人のお金持ちが、36億人ほど分の富を占めているとしている。

02.
「水」を確保できない人
必要以上に使う人

みながひとつになり生きていくために、どうしても必要となるのが「水」。World Health Organizationによると、現代でも多くの人がキレイな水を手に入れられていないそうだ。

8億8,400万人が未だ安全な飲料水を飲めていないという。また、20億もの人が汚染された水を飲まざるを得ない状況なんだとか。

世界全体で見ると、毎日約100億トンもの飲料水が消費されている。平均的なアメリカ人は100〜175ガロン(約380〜660リットル)の水を毎日消費。消費量で言うと、国別だと中国がトップになるものの、1人当たりにするとアメリカがトップとなるのだ。 

03.
必要とする人に届かずに
捨てられる「食料」

「worldhunger.org」によると、世界で9人中1人に栄養が行き届いておらず、その内98%の人が発展途上国に住んでいるということ。

富をうまく分配して飲料水を確保できる施設をつくるのと同時に、持続可能な農業のようなものを開発する必要もある。「Food and Agriculture Organization of the United Nations」によると、1日で最もカロリーを消費している国はオーストリア。毎日の平均的なカロリー消費量は3,800カロリー。

一方で、1日で最低限必要とされる1,800カロリーも摂取できない人々がいる国もある。FAOによると、私たちが生産する3分の1の食料は捨てられているというのだ。そして、それは、約13億トンにものぼる。

Licensed material used with permission by The Infographics Show

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
どれだけ頑張ってもお金が貯まらない人。一方で、何もしなくてもお金が集まってくる人。この両者の違いは何でしょうか?お金持ちの人たちを調査する中で、ある共通点...
長者番付1位......と思いきや、2位に転落!そのワケは?
コンピューターってどうやって動いているの?そんな素朴なギモンにビル・ゲイツを始め、元AppleのデザイナーやxBox開発者がイラスト付きで解説してくれる教...
アパレルとしても注目を集める「ワークマン」。今月16日にブランド初のスーツ「リバーシブルワークスーツ」の発売をスタート
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
ビル・ゲイツ氏による毎年恒例の企画「夏に読むべき5冊の本」が今年も発表。今回紹介された5冊のうち4冊は邦訳が出版されているので、気になったものはぜひ読んで...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...