生まれつき「女性器」がない女性

この表題、読者の関心を煽ろうというものではありません。ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。

ここに紹介するのは、そんな疾患を抱えて生きる22歳のKaylee Moatsさん(写真左)のお話です。

診断を聞いたとき
自分が女性じゃないように思えた

126f3e6480513e8f1016b1fcd22454263880a1ed

18歳の時、さすがに月経がこないことに違和感を覚えた彼女は、超音波検査を受けました。その結果、彼女の身体には子宮、子宮頸部、膣がないことが明らかに。医者からの診断は、ロキタンスキー症候群でした。

この疾患は、約4,500人に1人の割合で発症すると言われています。外見からでは見分けがつかず、Kayleeさんのように月経がないことから気付くケースが非常に多いそうです。多感な10代の女性がロキタンスキー症候群であることを知ったとき…心中察するだけでも胸が痛くなります。

「女性」として生きてきた18歳のKayleeさんにとって、その診断はとてもショッキングなものだったようです。事実を受け入れることが非常に難しかったと彼女は言います。

22歳になった今も、自分のカラダを受け入れきれずにいます。女性として、なにを持ち合わせていないのか、そのことと向き合うのがとっても苦しくて…。

「妹に手術を」
姉妹の必死の呼びかけ

いま、Kayleeさんは女性を取り戻すため、膣をつくる手術を希望しています。けれどそこに大きな壁が。膣開口部をつくるこの手術は、アメリカで美容外科手術と見なされるため、保険適用外。そこで、姉のAmandaさんが立ち上がりました。

クラウドファンディングサイト「GoFundMe」で出資を募ったのです。目標金額1万5,000ドルといえば、日本円にして約165万円ほど。それでも、姉妹の必死の呼びかけに現時点で達成額を大きく上回る2万1,000ドルが集まりました。

「いつか子供がほしい!」

E4bf6364e74f0a9b0b985fb10536bbbd0946d8eb

現在、Kayleeさんにはボーイフレンド(Robbieさん)がいます。自らがロキタンスキー症候群であることを彼に打ち明けたとき、Robbieさんは彼女を支える存在であり続ける覚悟を彼女に誓ったそうです。

彼女の身体に重きを置いているのではなく、彼女自身を愛しているから。僕が人生で出会った女性のなかで本当にステキな人で、いつも僕を励まし元気付けてくれる存在。だから僕も彼女のそばでチカラになりたいんです。

いつかは自分の家族を持ちたい、ほかの女性と同じように将来像を抱くKayleeさん。「たとえ術後に女性器が機能しなかったとしても、代理出産を考えています」と、前を向いて日々を過ごしています。

Licensed material used with permission by GoFundMe
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
結婚や出産にも“適切なタイミング”というものがあります。とくに女性は結婚に焦る傾向がありますが、果たして、無理をして急ぐ必要はあるのでしょうか?人生のタイ...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
休日が終わることへの不安やちょっとした恐怖。こんな気持ちになるのは、何も日本人だけじゃない。この哀愁ただよう日曜日の原因と解決策を丁寧に紹介してくれている...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...