トイレの落書きを分析したら、男女で明らかに違った

「めちゃくちゃ変わってるけど、絶対に日本でも人気がありそうなプロジェクトをやっているから紹介してよ!ウェブサイトにもかなりこだわっているからね」

つい先日、ロンドンを拠点に活動しているアーティストScott Conrad Kellyから、こんなメッセージをもらった。

顔こそ見えないけど、綺麗な小石を拾った子どものようにテンションの上がっているScottが目に浮かんだので、仕方なくプロジェクトをのぞいてみると……あっさりとその世界観に引き込まれてしまった。

斜め上のアイデアなんだけど本質をとらえているな、と。

ということで、男女の違いを明らかにするためのプロジェクト「The Public Toilet Study」の紹介だ。

100箇所以上のトイレを
マジメに分析

5378561271660544
© 2018 Scott Conrad Kelly

聞けば、Scottは公衆トイレを使っているときに落書きを見て、女性も同じようなメッセージや絵を書いているのかな?と思ったそう。そして、調べていけば性別ごとの違いが明らかになるだろうと予測。

女性のサポートも受けて、彼は「100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書き」を撮影して、それらを徹底的に分析したのだとか。

すると、女性は40回も「LOVE」という単語を壁に書いているのに男性はたった1回しか使っていない、などの結果が少しずつ明らかに。

ひとりっきりになれる
トイレで思うこと

僕たちが生活をしているなかで、トイレは一番プライベートな空間と言ってもいいかもしれない。誰の目も気にせずにありのままでいられる。

本当の意味でひとりっきりになれる場所に書かれているメッセージは、ペンをとったそれぞれの人の性格がダイレクトにあらわれるだろう。

いつまでたっても責任をとらない会社へのストレスや、新たな変化に順応しきれない上司への愚痴、ふとしたときに考えてしまう恋人への愛など。

確かに性別ごとの考え方の違いをはっきりさせるなら、「公衆トイレの落書きを分析」は一つの方法になりうる。

そして、結果には明らかな傾向があらわれていた。

女性は仲間思い
男性はチャーミング

5450373124849664
© 2018 Scott Conrad Kelly

「The Public Toilet Study」によれば、女性は37の愛に関するメッセージを残していて(男性はゼロ)、誰かを励ますような「You are beautiful」などの言葉を書いているようだ。

対して、男性の傾向は暴力的な単語や言葉が多い。ときには殺害予告まで。だけど、男性の公衆トイレにだけ電話番号が書いてあり、どれも友達を募集しているカワイイ一面もある。

個人的に興味深かったのは男性器の落書きについて。Scottが分析したところ、男性よりも女性が描くモノの方が長かったそう……。

ここで紹介したのは全体の半分にも満たないくらい。Scottが気合を入れてデザインしたホームページでチェックできるようになっている。

Top photo: © 2018 Scott Conrad Kelly
Licensed material used with permission by Scott Conrad Kelly(HP), (Instagram), The Public Toilet Study
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ミスターフレンドリー。(どのあたりがフレンドリーなのかはちょっとわからない)この便器たち、男性が用を足している約40秒のあいだ、ディスプレイに広告を流して...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
毎日疲れて帰っても、とびっきりのかわいさで癒してくれる、愛犬。でも、室内でのウンチやオシッコの始末は、悩みの種。トイレの場所を教えておいても、時間が経つと...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
なぜか私たちは「うんち」や「おしっこ」という言葉を声に出すことに恥じらいを覚えてしまう。でも、世界のトイレ事情についてあつ〜く語ってくれている「The I...