トイレの落書きを分析したら、男女で明らかに違った

「めちゃくちゃ変わってるけど、絶対に日本でも人気がありそうなプロジェクトをやっているから紹介してよ!WEBサイトにもかなりこだわっているからね」

つい先日、ロンドンを拠点に活動しているアーティストScott Conrad Kellyから、こんなメッセージをもらった。

顔こそ見えないけど、綺麗な小石を拾った子どものようにテンションの上がっているScottが目に浮かんだので、仕方なくプロジェクトをのぞいてみると……あっさりとその世界観に引き込まれてしまった。

斜め上のアイデアなんだけど本質をとらえているな、と。

ということで、男女の違いを明らかにするためのプロジェクト「The Public Toilet Study」の紹介だ。

100箇所以上のトイレを
マジメに分析

© 2018 Scott Conrad Kelly

聞けば、Scottは公衆トイレを使っているときに落書きを見て、女性も同じようなメッセージや絵を書いているのかな?と思ったそう。そして、調べていけば性別ごとの違いが明らかになるだろうと予測。

女性のサポートも受けて、彼は「100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書き」を撮影して、それらを徹底的に分析したのだとか。

すると、女性は40回も「LOVE」という単語を壁に書いているのに男性はたった1回しか使っていない、などの結果が少しずつ明らかに。

ひとりっきりになれる
トイレで思うこと

僕たちが生活をしているなかで、トイレは一番プライベートな空間と言ってもいいかもしれない。誰の目も気にせずにありのままでいられる。

本当の意味でひとりっきりになれる場所に書かれているメッセージは、ペンをとったそれぞれの人の性格がダイレクトにあらわれるだろう。

いつまでたっても責任をとらない会社へのストレスや、新たな変化に順応しきれない上司への愚痴、ふとしたときに考えてしまう恋人への愛など。

確かに性別ごとの考え方の違いをはっきりさせるなら、「公衆トイレの落書きを分析」は一つの方法になりうる。

そして、結果には明らかな傾向があらわれていた。

女性は仲間思い
男性はチャーミング

© 2018 Scott Conrad Kelly

「The Public Toilet Study」によれば、女性は37の愛に関するメッセージを残していて(男性はゼロ)、誰かを励ますような「You are beautiful」などの言葉を書いているようだ。

対して、男性の傾向は暴力的な単語や言葉が多い。ときには殺害予告まで。だけど、男性の公衆トイレにだけ電話番号が書いてあり、どれも友達を募集しているカワイイ一面もある。

個人的に興味深かったのは男性器の落書きについて。Scottが分析したところ、男性よりも女性が描くモノの方が長かったそう……。

ここで紹介したのは全体の半分にも満たないくらい。Scottが気合を入れてデザインしたWEBサイトでチェックできるようになっている。

Top photo: © 2018 Scott Conrad Kelly
Licensed material used with permission by Scott Conrad Kelly(HP), (Instagram), The Public Toilet Study
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレはの夢は...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
プラスチックを一切使っていない妊娠検査薬「Lia」。生物分解されるので、地球に悪影響を与えないエコ製品です。その性質はトイレットペーパーとほぼ同じ。だから...
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。