東京の書店員、ニューヨークを歩く。『NY Art Book Fair』で見つけてきたもの。

毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティストやバイヤー、コレクターやキュレーターなど、世界中から30,000を超える本好きが集まる。そんなわけで、東京の書店員が、秋風にふかれながらニューヨークへ旅立った。「これは一体どういう本なのですか?」「どんな気持ちで作られたものなのですか?」どれもが新しくて、驚きに満ちあふれたものばかり。目についたもの、ひとつひとつと対話しながら選んできた、ユニークな本を紹介しよう。

1 『METROGRAPH』
2 『Cooking With Scorsese and Others』

左上:『METROGRAPH
デザイナーが手がける映画館「メトログラフ」が配布しているフリーペーパー。上映している映画のことや、自分たちが発信したいことを一冊にまとめている。日本の映画館で配布されるものと比べてしまうと、読みものとしてしっかり成り立っているのに、無料というのがなんとも信じがたい。メトログラフは、今年の3月にオープンしたばかりで、一階は広々としたロビーと映画館、二階はレストランと小さな映画専門ブックショップからなる、倉庫のように大きい複合施設。たくさんの人の目に触れるかどうか分からないような場所にあり、掲載されている作品もそこまでメジャーでない。伝えたい想いは金額で計れないものなのだと痛感してしまう。

右下:『Cooking With Scorsese and Others
ロンドンのインディペンデントな書籍を発行している「Hato Press(ハトプレス)」社。さまざまな映画に登場する食のシーンを切り取って、ただひたすらにまとめた冊子。何かの料理を作るプロセスで、調理する手元に寄って、動作がしっかり見えるようなシーンを切り取っているページが多い。料理番組のように、作り方を伝えているわけではないのに、読み終えたあと、実際にその映画を見て、作って確かめたくなるから不思議だ。キャプションやレシピがないだけで、こんなにも想像力が掻き立てられるのかと驚かされる。「美味しそう!」という感情が流れつづける、何とも面白い本である。

四角い建物が印象的な「METROGRAPH」。

3 『Record』

廃校を利用したアートスペース「MoMA PS1」にあるブックショップで出会った『Record issue 01』。タイトルにあるように、世界中のDJや音楽プロデューサーなど、音楽を生業とした人物たちのインタビューをまとめた雑誌。日本で発売されているものだと、様々な国のクリエーターの居住空間を紹介する『apartamento(アパルタメント)』を彷彿させる。アパルタメントがインテリアを通じてライフスタイルを紹介しているのに対し、レコードは、音楽を作る人に仕事のことや今後やりたいことなどを尋ね、その考え方を深堀していく。日本で販売されるのが待ち遠しい。

「MoMA PS1」の入り口はこんなに賑やか。

4 『YOYOGI PARK』

ドイツを拠点に活動しているアーティスト・Stefan Marx(ステファン・マークス)が直接販売していた『YOYOGI PARK』。代々木公園という、東京では誰もが知っているであろう場所からインスピレーションを受けたドローイング集である。どの季節に描いたものなのか。どんな天気なのかは分からない。ただ、太い線と細い線で、淡々と切り取った公園の風景が続いていく。二つ折りした厚手の紙をホッチキスでまとめた簡素なつくりで、製本の可能性を広げているようにも見える。大都会の真ん中にあり、馴染みのある公園なのに、気がつかないこともあるものだと、作品から見つめ直すことができる。

裏表紙。

5 『BOOK JACKET』

シルクスクリーンを中心に活動している「Otto Graphic(オットーグラフィック)」社。ポスターかと思い手に取ったら、なんとジャケットの形をした本(?)だったという代物。もちろん紙で出来ているし、折りたたまれた状態で見ると本のようにも見える。「本は読むだけのものじゃない。着てみるのもいいのでは?」なんて、本を定義し直しているようにも見える。(ブックシャツも可能かもしれない。)

広げて着てみるとこんなかんじ。

平日の昼間でも大賑わいだったというニューヨーク。会場以外の書店でも、外のセールブックスを大量買いしている人がいたり、活発に棚の前で問い合わせが行われていたり。こうして、見つけてきた本を眺めていくと、紙と印刷の可能性は無限であり、皆、それぞれに面白い実験を続けているのだなと感心させられる。日本の皆さんにとってもアイデアソースのひとつとなれば嬉しく思う。

Licensed material used with permission by SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
ホストが書店員ということで、オープン前から話題を集めていた「歌舞伎町ブックセンター」。その裏にある熱い思いについて手塚マキが、この書店でしか提供できない価...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
あこがれの街。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
私がNYに行ったのは、もうずっと前の9歳位のとき。田舎町で育った私にとって、はじめての大都会は「未来都市」のように思えてならなかった。背の高いビルに囲まれ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...