パイロットが居眠りし、目的地を46kmも通過

オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因というところもまた問題でして。

「Australian Transport Safety Bureau(ATSB:オーストラリア運輸安全局)」の報告によると、この飛行機はデボンポート空港からキング島空港に向かっていたのですが、搭乗していたのはパイロットのみ。乗客がいなかったのは不幸中の幸いかもしれませんが、だからって許されることではありません。万が一に備え、せめてあと1名くらいは乗るべきではないのでしょうか……。

これまでにも「パイロットの居眠り」は何度か発生していますが、撲滅はなかなか難しいのが実情みたいです。利用者からすると、なんとかして!としか言いようがありません。

Top image: © iStock.com/phive2015, iStock.com/Marjan_Apostolovic, 2018 TABI LABO
他の記事を見る
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
オーストラリア人の高校生、Jade Eslerさんは、3年前にカップケーキ専門のビジネスを開始しました。すべてはパイロットになる夢を叶えるため。16歳にな...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。