レッスン費用を全額自己負担して、夢を叶えちゃった16歳の女の子。

小さな頃からパイロットに憧れていたJade Eslerさん(16)。夢に向けて学業とフライトレッスンを両立しようと、コツコツ努力を続けてきました。そして先月、念願だった免許をついに獲得。オーストラリア最年少のパイロットととして、地元で大きな話題となりました。

驚くことに彼女、講習費用を親に頼らずすべて自分で捻出。その、いかにも16歳らしい方法がこちら。

13歳から初めたビジネス
売ったカップケーキおよそ2万個

Aa3bcf953facaccbb9165bf4a53b81eea2e92d3d

Jadeさんの若さならば、親が負担してくれるものだと勝手に想像してしまいますが、彼女がなぜ全額自己負担できたのか。それが、このカップケーキ。

免許取得までの3年間で、およそ2万個のカップケーキを売り上げた彼女。「The Sugar Bite」というビジネスを立ち上げ、売上金から学費を賄っていたのです。

E0b89faaa366938b52c6bc8b12872127afff04e5

小さい頃から焼き菓子が大のお気に入りのJadeさん、彼女の作ったお菓子は家族からも好評だったそうです。ある日、家族と買い物に出かけた際、おいしそうなカップケーキに出会いました。「私もあれをつくってみたい」Jadeさんを魅了したのは、味だったのか、カタチだったのか…。ともかく、彼女のインスピレーションはここから。

夢のため…と割り切れた理由

A6cde502fa1e60dcbd66d0423b3fa498015b3d87

ところで、オーストラリアでは16歳といえば、自動車免許の講習に通うこともできる年齢。Jadeさんは、なぜ「空」を選んだのでしょう。

「お父さんがライセンスを取得したとき、私は1歳でした。何度も乗せてくれて、だから7歳になる頃には、もうコックピットの計器の並びは、だいたい頭に入っていたんですよね。とにかく小さい頃から、飛ぶことが大好きだったの」

多感なティーンにとって、「時間を見つけることがもっとも大変だった」とJadeさん。学校と訓練の両立すらハードでしょうに、さらにビジネスまで。友だちと遊ぶ暇など、ほとんどなく走り続けてきたに違いありません。聞けば、訓練場まで片道2時間半もかかる場所だっていうし。

Bbdbc7448b4424b737b818f680594cc60805e227

こうして晴れて操縦士の免許をゲットしたJadeさん。でも、まだ夢の続き。彼女の最終目標は、民間航空機のパイロットになって、ヨーロッパの空を飛ぶことなんだそう。

Licensed material used with permission by The Sugar Bite
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
「子どものころの夢は何ですか?」そう尋ねられたら、アイドル、歌手、漫画家、デザイナー……と、子どものころになりたかったものが次から次へと溢れてきます。でも...
“大人でも子どもでもない”17歳のAnnegienは、アメリカで平凡な毎日を過ごす女の子。一瞬一瞬を大切に生きる彼女は、他の人の目からは、ごくごく普通に見...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになること...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
殺される夢というのは、どうしても不吉なイメージが付きまといます。しかし、死に関することを無意識が直接的に夢で表現することはなく、殺される夢もまた再生や転機...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
神社が夢に出てきたら、なんだかとてもありがたく神聖な気持ちになれますね。夢占いによって、神社の夢は何を意味し、何の前兆なのかを知っておくことで、将来のチャ...
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
女性の「あるある」を描くマンガがInstagramで話題のPlanet Prudenceさん。女性なら、思わず共感しちゃう?可愛らしくもユーモラスな雰囲気...