飛行機で、思いっきり寝られる「ネックピロー」。

仕事終わりに空港に向かって、海外で週末を過ごす。深夜発の格安便が増えてからでしょうか、こんな旅行の仕方も。

でも、やったことがある人ならわかると思うけど、体力的にはちょっと大変。そんな時にもっとも大切なのは飛行機での睡眠。限られた時間で週末バカンスを存分に楽しみたいってときに、睡眠不足じゃ話になりませんよね。

狭い飛行機の中でも
パーソナルスペースを確保

とは言いつつも、LCCやエコノミークラスでは、隣の人との距離が近いから寝るのが難しいもの。やたらと冷たい風が顔に当たって、なかなか寝付けないときだってあります。

そんなときに使えるのがパーカーのフード。パーソナルスペースを作ってくれるし、風避けとしても活躍してくれます。さらに、頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。こんな特徴を活かして、快適な睡眠をもたらすネックピローが「HoodiePillow」。

使い方は普通のネックピローと同じように、空気を入れて膨らませるだけ。フードの部分にはヒモが付いていて、ちょっと引っ張れば目の部分を隠せるので、アイマスクの代わりにもなりそう。

数年前に「Shark Tank」というアメリカの番組で、このアイテムに対する資金調達をしたのが始まり。今では、多くの場所で発売されているようです。

これさえあれば、飛行機の中で自分のスペースを作って寝られるから、やることがいっぱいの旅行スケジュールでも思う存分に楽しめるのでは?

Licensed material used with permission by HoodiePillow
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
「Vasco Pillow」の特徴は、ネックピローでありながら、マッサージをしてくれるところです。
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...