シンプルがうまい!グリンピースとパルメザンチーズの組み合わせ

疲労回復から夏バテ予防、冷え性の改善にもいいと言われているグリーンピースですが、ピラフやそぼろ煮など、何かと脇役的扱いが多いですよね。でも、春が主役のグリーンピース。言うまでもなく、サラダとの相性も抜群です!

ieatthepeachさんはこのグリーンピースにミントとパルメザンチーズを合わせました。「Food52」よりどうぞ。

グリンピースとパルメザンチーズの
シンプルサラダ

6319021972520960
Photo by James Ransom

旬の食材の旨味をグっと引き出すシンプルなレシピが大好きな私。春定番メニューといえば、グリーンピースやミントを軽いヴィネグレットソースでいただくサラダです。これ以上シンプルなものはありません。さっぱりしているから、軽めの食事としても最高ですよ。

材料:4人分

グリーンピース:340g
お水:適量
塩:適量
ミントの葉:4〜5枚(大きめにみじん切り)
エキストラヴァージン・オリーブオイル:大さじ3
レモン果汁:大さじ1
黒こしょう:適量
パルメザンチーズ:1/2カップ

4512968595210240
Photo by James Ransom

作り方

【1】大きなフライパンでお湯を沸かします。軽く塩を振りグリーンピースを入れて、ふたをかぶせて火を止めます。やわらかくなるまで10分ほど。ベーキングシートの上にペーパータオルを敷いて、冷水ですすいだグリーンピースを乗せて、軽く水切りをします。完全に冷めるまで待ちます。

【2】中くらいのボウルにオリーブオイル、レモン果汁、塩こしょうを入れて攪拌。そこにグリーンピースとミントを入れて、ドレッシングを絡めます。5分ほど置いたら、削ったパルメザンチーズを上に乗せて、召し上がれ。

【Food52編集者談】

春を感じるサラダ。とにかくフレッシュで緑鮮やかな春の味覚が、熟成したチーズの濃厚な味わいと織りなすハーモニー。バランスがとれているサイドメニューなので、メインディッシュの邪魔もしません。何が一番いいかって、すぐにできちゃうところ。お湯さえ沸かせば、ほぼ完成ですからね。

Written byieatthepeach
Top Photo by James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。