10,000冊の本によって生まれた「文学の川」が幻想的

10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという集団だ。

それぞれの本には、ぼんやりとした柔らかな光を放つよう加工を。まるで天の川のように幻想的な文学の川が誕生した。

作品の名は、
『Literature vs Traffic』

016c8d984c28eddaa9881b66de634f069a74c5d1E3e0f6f5f579b55e44c5b5e806ca191cf01750f513f0cf9b6c3e4eb098f6f2e5f4430b48e488ec09338ce5bfc25a6d134867b279939fc027b92de650

目的は、交通量が多く騒音が悩ましい道路を、静かで穏やかな空間へと変えることだそう。

5b2e82c7c2e94b55bef02a616dc929be37ba6a3597e7aba7609bc00937f68bd45b46d80d038c744bF9963032bdd32c17cf6f53f1c4f5b78b1dc620d548dd2bc9b766cffd300a3c4d64df05a4f1bd0d93

約10,000冊の中から宝物を探すかのように夢中になる参加者が多かったのだとか。

4c58b90a5f5c7a14ab9c17e59bca08a5f196f4e7Dc9c2b3818da271d51df90831b2f7594374e95cc0b8eb70c77bcf132b96dac44372c3e655e6763099d2bf2e6f4af69454c94f391261c3139df364a7f7223381aa64fb9ec14083290126792c6c0063bc5

ちなみに彼らは、以前にもマドリードやニューヨーク、メルボルンでこのインスタレーションを展示済。いつの日か東京でも見てみたいものですね。

Photo by Lola Martínez
Licensed material used with permission by Luzinterruptus
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
電動ドライバーを使って、木製パネルに固定して製作されたもの。磁石に引き寄せられる上の作品『screw art』に使用されているのは、じつに10,000本のネジ。
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
川の印象が、起きたらなぜか鮮明に残っている。夢の中に出てくる川は、人生や運命を暗示します。川べりや川面の状態、登場人物などによって、あなたへのメッセージは...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
Janaina Mello Landiniさんのアートは、1本のロープを細く割いて制作されたものです。その完成形は、人体に張り巡らされた毛細血管のよう。
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
結婚写真の撮影中、なぜか晴れ着のまま川に向かって猛然と駆け出した新郎。そのまま川に飛び込みました。喜びのあまり...ではもちろんありません。理由を聞いて納...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...