エッセイコンテストの賞品は、なんと本屋の営業権!

これはペンシルバニア州ウェルズボロにある本屋のお話。

読書好きのKevinさんがこの街で育ったとき、近くには本が買える場所がなかったそう。後にパートナーとなるKaseyさんに出会ったときも状況は変わらず。モヤモヤした気持ちを抱えていた彼らは、2006年、本屋をオープンすることに。

時は流れ、2人のビジネスは軌道に乗り、地元の人が集まる場所にもなりました。悲しいことや辛いことがあっても、ここに来れば、みんなに話すことができる。ただ、読みたい本を探すだけじゃない。そんな本屋以上の魅力が、この場所にはあったのかもしれません。中には、プロポーズをした人まで。「ここに来る人は家族も同然」と彼は語ります。

ところが、今、11年の歴史に幕を閉じようとしているのです。

思い出の詰まった本屋が
新しく生まれ変わる

D188b8ab82ace7a78cf3febd91c79c4e0def7c9e

7月の初め、本屋のウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストの詳細が発表されました。75ドルの参加費さえ払えば誰でも参加でき、優勝したら本屋の営業権をKevinさんとKaseyさんからもらえるのだという。

自分たちの”家族”の思い出が詰まった場所を、なぜ譲ることになったのか。彼らはこう説明します。

Kevin

「11年間、多くのことを学びました。今は作家としての仕事もしていて、学校に行って、子どもたちに読み聞かせもしています。『The Totally Ninja Raccoons』が発売されたことを機に、次の人生を歩む時が来たな、と考えたのです」

Kasey

「私とKevinは、ここで育ちました。新しいことにチャレンジするとはいえ、ウェルズボロに本屋が必要という意見は共通です。だから、代わりに誰かに経営を続けてほしいのです」

なぜ地元の人にとって
本屋は重要なのか?

経営理念が感じとれるコンテストのお題は、「なぜ地元の人にとって、本屋は大切な存在なのか?」。

本屋以上のものを築きあげた彼らと同じ想いを持ちつつ、活字離れが進んでいると言われる世の中で、地元の人に愛されるこの場所をさらに魅力的にできる人を探しているのです。

Licensed material used with permission by From My Shelf
日本でも珍しい京都の弁当箱専門店「Bento&Co」が開催した、弁当箱を使った国際コンテスト。「第7回国際BENTOコンテスト2015」の結果をご覧あれ。
オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?彼らは、テネシー州・ナッシュビ...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
オランダ人デザイナーThijs Smeetsによる多機能本棚「LiliLite」。 山形の部分に本を置くと、ライトのスイッチが自動で作動するっていう仕組...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...