ガンジス川がいま、「腐った花」で大変なことになっている。

少し前に、インドで花を売る男性たちのことを記事にしたことがあるけれど、彼らの暮らしに、マリーゴールドを主とした献花は絶対に欠かせない。

Photo by Ken Hermann

フラワーマーケットには、こうして全身に花をまとって売り歩く人たちが毎日2,000人以上もいて、冠婚葬祭などに献花を求めるお客さんがあとを絶たない。

でも、毎日大量に消費されるであろう献花は、役目を終えたあとどうなっているのか?

なんでも流しているイメージが強いから、予想できると思うけれど、そう、最終的にはガンジス川行き。

と言っても、大切な儀式につかった献花を、彼らは「捨てている」つもりではない。むしろゴミとして燃やすことができないからこそ、神聖なる場所に「捧げている」という意識なのだそう。

そういうわけで、結果的に年間約800万トンもの花が川に放たれてしまっている。

インドの花を、
「毒」で終わらせないために

この深刻な水質汚染を改善するために、立ち上がったのが『HelpUsGreen』だった。

彼らによると、国内には少なくとも60万以上の寺院があり、毎日大量の献花を消費している。そうして川に流された農薬まみれの花たちが腐ると、有毒となって魚が大量に死んだり、人体に影響を与えてしまうのだ。

このままでは神を信仰する代償として、環境がどんどん汚染されてしまう。

現状を変えるためには、まずはこの川に流すものの量を減らすことから始めなければいけない。そういう思いで立ち上がった彼らは、毎日1.5トンの花を寺院から回収し、お香や堆肥、石鹸という新たな使い道を見いだすことに成功した。

この仕事を担ってくれているのは、下層階級女性たち。男尊女卑が未だに定着しているインドでは、下層階級の女性が自立して働く状況をつくるのは困難な状況にある。

だからこそ、カースト制度に苦しんでいる女性たちを雇い、花の回収やお香づくりを任せて日当を渡しているのだそう。

包装紙からも、新たな芽を育てよう

彼らの包装紙への取り組みは、過去にも詳しく紹介しているけれど、ここでもカンタンに。パッケージに神のイラストや、神聖なものが描かれている場合はゴミとして扱うことができず、消費者はまたガンジス川に流してしまうことがあるそう……。

それを踏まえた上で、彼らはプロダクトの包装にもこだわっている。植物の種を紙に混ぜてつくることで、自分たちの商品が再び川に戻ってしまう可能性を全てなくそうと考えたのだ。仮に捨てられてしまっても、その場で自然にかえって芽が出てくるという。

あくまで廃棄花への取り組みは、ひとつのきっかけでしかない。このサイクルが大きくなっていくほど、今のインドが抱えている問題を改善できる領域が増えていく。ひとつのことだけで完結しないのが、『HelpUsGreen』のムーブメント。

その根源にはいつも、自分たちが信仰する宗教や、伝統的な風習から国を傷つけてしまわないように。という想いがある。

Licensed material used with permission by Helpusgreen®, flowercycling®
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...