アパレル業界に我慢できなくなったデザイナーの挑戦

世界中のアパレル業界で問題となっているのが、製造過程で出る生地の切れ端。ゴミとして扱われ、大気汚染の一因になっているとまで言われています。

この大量消費にしびれを切らしたニューヨークのファッションデザイナーDaniel Silversteinさんは、新しいプロジェクトを始めることを決意。

廃棄物を一切出さない服をつくるファッションブランド「Zero Waste Daniel」を立ち上げました。

© Zero Waste Daniel

「Zero Waste Daniel」には毎日のように捨てられるはずだった生地が集まってきます。衣服や小物は、これらの生地を余すことなく使って作られているようです。

つなぎを活かしたデザインがほとんどで、捨てられるはずだった生地が使われているにもかかわらず、古さを感じません。

© Zero Waste Daniel

Danielさんはこう言います。

「新しい生地を使って新しい服を作るよりも、捨てられるはずの生地を再利用して服を作るほうがずっと価値がある」

ちなみに、デザインされる洋服はすべてユニセックス。対象を広くすることで廃棄物を減らそうとしているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Zero Waste Daniel

関連する記事

アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
米メキシコ料理チェーン「Chipotle Mexican Grill」が、アパレルグッズを販売。限定コレクションにはアボカドの種で染色したラインナップも。
2021年春より「NORDISK(ノルディスク)」のアパレルアイテムが展開開始となる。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
世界160ヵ国で愛され続ける米国アウトドアブランド「MERRELL」の新アパレルライン「JAPAN CAPSULE」が2020年秋冬シーズンにデビュー。
「ロサンゼルスアパレル」の「コットンマスク」がかわいくて使えると話題。シンプルなワントーンカラーからビビッドなアニマル柄まで、ラインナップは全24色。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...