香港に咲いた25,000本のLEDの「白いバラ」にうっとり・・・

バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマンチックな輝き。じつはこのバラ、あるチャリティー活動にも生かされていたようです。

ビクトリアハーバーを
ぼわんと照らす白いバラ

香港島と九龍半島を結ぶスターフェリーの発着場にほど近い、添馬公園(タマルパーク)と中西区海浜長廊(中西区プロムナード)の2か所で広大な敷地に合計25,000本もの光のバラが灯りました。夕方6時から夜11まで、幻想的な優しいバラの光に香港中のカップルたちがこの場を訪れているようですよ。

赤いバラの花の代わりに
LEDの白い明かりを

この大地を埋め尽くすLEDのバラは、韓国ソウルで始まった「Light Rose Garden」というバレンタインに合わせたイベント。
もともと、香港人のカルチャーとしてバレンタインデーには、男性から女性にバラの花束を添えてプレゼントを贈る風習があります。25,000本すべてが…という訳でもないでしょうが、このバラも1本100香港ドル(約1,460円)で同イベント公式サイトよりオーダーし、バレンタイン当日もしくは、前日までに花をピックアップ。彼女と一緒にそれを刺しに行く。といったロマンチックな作戦もできたようですよ。

愛の花明かりには
チャリティーの意味もあった

ほんわか心温まる光のバラ。これを、単にカップルのためのステキなイベントではないんです。この1本1本が、じつはチャリティーにもつながっているんです。今回nの収益の一部は「Fair Trade HONG KONG」に寄付され、教育事業に役立てられるんだそう。

日本にやって来るかも!?

さて、Light Rose Gardenは今回が初の海外企画でした。今後さらに世界の都市へと展開を予定しているというから、もしかしたら近い将来、日本でもこの幻想的な明かりを目にする日が来るかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by wyman_wong0213, francis_hker
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
磯臭いのに恐ろしくビールがすすむ、香港の「油菜」について。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。とにかく住む場所がない!手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!そんな切実から生...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
「Disco Dog」と名づけられた犬用のベストは、スマートフォンでLEDをコントロールできる。アプリケーションで簡単に明るさや色を変えられるようだ。しか...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...