手間暇かけた3Dアートは、「謎」が解けてからがおもしろい。

最初はいまひとつ「ピンとこない」作品も、二度三度と目にしていくうちに“真実の姿”が見えてくる。こうなると、途端に強く惹かれたり、感動したりすることがあります。

ここに紹介する作品にも、そんなアートの醍醐味が。

ヒント
「磁石にくっつくアレ」

一見すれば、加工ソフトで手を加えたように映りますが、これらは意外なアレが集まってできたもの。よーく考えてみてください。

答えは…
10,000本の「ネジ」

これらはすべて電動ドライバーを使って、木製パネルに固定して製作されたもの。磁石に引き寄せられる上の作品『screw art』に使用されているのは、じつに10,000本のネジ。

しかし、スゴイのはそれだけじゃありません。もとは、黒いネジを使っているので、色を塗ってない段階ではあまり立体的に見えないのです。なので、一本一本をオイルペイントするという、なんとも気が遠くなる作業の末に完成しています。

この巧みなワザの持ち主は、Andrew Myersさんというアーティスト。彼が作るのは、「視覚」だけの驚きではありません。

触れて「見る」肖像画

一年程前に多くのメディアで取り上げられていたので、知っている人も多いはず。作品の横に立つGeorge Wurtzelさんは、盲目でありながら、アーティストとして活動しています。

友人であるAndrewさんは、ネジで作った肖像画を彼に贈りました。Georgeさんは、完成後は顔の凹凸を手で触り、自分の「顔」を感じることができたのです。

その時の様子は、下の動画から見ることができます。

冷たくて無機質な工業製品に命を吹き込むようなアート。謎が解けた後は、知る前よりもずっと心が満たされたように感じます。

Licensed material used with permission by Andrew Myers
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
この4種類をデスクに常備しています。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ウエストや胸囲、ふくらはぎや肩など、合計で10カ所以上ものボディーパーツをスキャンしてくれるミラー「Naked」。徹底的に体を絞りたいという人にはピッタリ!?
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...