「街の人が本に触れる機会を作りたい」とある女性の挑戦

「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書店が閉店したため、人々が本に触れる機会が激減しています。

生粋のブロンクスっ子であるノエル・サントスさんは、この危機に対して、自分で書店を立ち上げるしかない!と、プロジェクトをスタート。

ワインバーを併設
「コミュニティ」ができる空間

普通の本屋を始めただけでは、経営を続けていくのは難しい。

そこでノエルさんは、一般的な書店ではなく、地域コミュニティの場となりえる書店「The Lit. Bar」を開こうとしています。

彼女は、店舗にワインバーを併設し、コーヒーやお酒を飲みながらゆったりと読書できる空間を作っています。

人々が集い語らえる場所となることを目指していて、朗読会やワインテイスティングの会といったワークショップも積極的に開催する予定です。

また店頭に置く本は、多民族が混在するブロンクスのニーズに合わせた多言語の書籍を揃えたり、大型書店ではカバーできないインディーズや小さな出版社の本を集めて、差別化を図っています。

ブロンクス最後の大型書店が撤退する話が出てから2年近く、ノエルさんは閉店の延期を求める活動と同時に、成功している個人経営の書店を研究しながら、経営プランを練ってきました。

そして2016年、ノエルさんはNYで行われた事業計画コンペティションに「The Lit. Bar」の企画を提出し、見事2位を獲得。賞金の7万5,000ドル(約800万円)は、事業資金の一部に充てられています。

彼女の活動は様々なメディアに取り上げられ、INDIEGOGOで資金を募った際には、目標額の100万ドル(約1,100万円)に対して126%を達成。

The Lit. Bar」は今までに何度か、試験的にイベントも開催しています。ブロンクスで、コミュニティも形成しうる「ハイブリッド書店」が本格開店する日も、近いようです。

Licensed material used with permission by The Lit. Bar
他の記事を見る
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
7月の初め、本屋From My Shelfのウェブサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
最近、新しいスタイルの本屋さんが続々とオープンしています。ビールを飲みながら店内をぶらぶらできる下北沢の「本屋B&B」は、そんな先がけのひとつ。その経営者...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。