11/5(木)OPEN!泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」で、寝落ちしたい・・・

2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間」の体験です。

LOBBY01 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう少し詳しく説明しましょう。この「BOOK AND BED TOKYO」は、「読書をしていたら、いつの間にか寝てしまっていた」という“あの心地よさ”を体験できる、まったく新しい宿泊施設です。テーマはずばり、“泊まれる本屋”。

長く連なる大きな本棚に並ぶのは、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」がセレクトした、幅広いジャンルの本1,700冊。日本語はもちろん、訪日外国人観光客をターゲットとしているため、英語のものも数多く取り揃えているのだそう。

LOBBY02 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

ロビーには、テーマカラーの青いソファーも設置。当然、Wi-Fiは無料です。

BOOKSHELF AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

部屋は2種類。まずは、このホステルのシンボルである、本棚の奥にある部屋「BOOKSHELF」。電源もブックライトももちろん完備で、120cm x 200cm の広めの部屋(10床)と80×200cmの少し小さめの部屋(2床)の合計12床を用意。

BUNK AREA BED (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

もう一方は、より集中した環境で"泊まれる本屋"を体験できる「BUNK」。こちらの部屋も、2パターンの大きさアリ。

ENTRANCE (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

エントランスの様子。左手に見えるのがクロークです。

bookandbed_06_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

シャワー、トイレ、洗面所は共同。もちろん、24時間利用可能です。が、0時以降の利用はお静かに。

LOBBY03 (C)R-STORE_RPhoto : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

宿泊料金は、1泊3,500円(税別)から。11月9日(月)には、宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を気軽に楽しめる、「デイユースプラン」もスタート予定です。無類の読書好きはぜひ、この“楽園”で最高の寝落ちを体験してみては!?

Licensed material used with permission by 株式会社アールストア

関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が新業態のカフェ「STAND by bookandbedtokyo」を、8月26日より、JR高田馬場駅...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
7月の初め、本屋From My ShelfのWEBサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
フランスにある本屋さん「mollat」のInstagramアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
キャンピング用トレーラーを改装して、本屋を営む「La Maison Qui Chemin」には、出版されたばかりの新刊本はありません。それでも、選りすぐり...
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
入場料のある本屋「文喫」は、個人向けの定額制会員サービス「文喫定期券」をスタート。月額1万円(税抜)で平日のみ何度でも利用できる。
年々、足を運ぶ観光客も多くなり、気軽に飲める場所になっている新宿・ゴールデン街。とはいえ、「どこに行ったらいいのかわからない」「まだまだハードルが高い」...
「学校も研究所もあるのに、本屋がないなんて」。ニューヨークの最北に位置するブロンクス。140万人が暮らすこの街には今、本屋がほとんどないそう。次々と大型書...