わかりやすく“ザ・日本”を伝える
京都「立本寺 四神閣」の宿坊体験

「立本寺 四神閣」は、築300年を超える歴史ある宿坊。お堂のリノベーションを経て、2019年3月にオープン。営業を始めたばかりですが、利用や予約の約9割がインバウンド旅行客という、海外からの人気っぷりです。

宿泊客は、“朝のお勤め”を体験できます。

1〜4名が宿泊できる4部屋には、朝から、宿坊流のおもてなしが待っています。毎朝、目覚ましがわりの鐘の音が聞こえるそうです。

この宿坊体験、現在、写経や坐禅、西陣織のものづくり体験などを検討中。立本寺の境内にある教法院の御朱印はアートでマニアックなもので、それを求めて日本全国から訪問者がいるほど。旅の記念品としてもバッチリです(ただし、完全予約制で1日5組限定)。文化や歴史、宗教とか、「ザ・日本」な体験を味わってもらうには打ってつけですよね。

ニッチなサービスや宿泊を体験できる、京都のモダンホテルの数々。海外の友達の思い出に残る京都観光って……と考えてみましたが、結局は「宿坊体験」なのでは?

立本寺 四神閣
住所:京都府京都市上京区一番町107

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
茨城県ひたちなか市で1969年に創業した老舗コーヒー店「サザコーヒー」が開発した「レインボーミルクレープ」がオンラインでも購入可能に。甘い物好きの社長が、...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...