女の私もこういう女性と結婚したい。

 

おかあさん なあに

おかあさんて いい におい

せんたく していた においでしょ

しゃぼんの あわの においでしょ

 

『おかあさん』 作詞:田中ナナ 作曲:中田喜直

私が子どものころ、大好きだった『おかあさん』の歌。保育園から帰ってくるたびに、この歌を歌っていたっけな。

洗濯物をたたんだり、ご飯をつくったり。仕事帰りでヘトヘトなはずなのに、いつも家族のために働いている。忙しそうなお母さんの前で歌っては必ず、「ねぇ、『なあに』って言って」て、せがんでたっけ。

ああ、なんだか懐かしくて、愛しい。2児の母であるManon de Jongさんのやさしいイラストを眺めていたら、たまらなく“愛しい感情”が蘇ってきた。

もしも結婚するなら、あたたかな女性がいい。家事ができるとか、女性らしいとかじゃなくて、一緒にいると安心する“心地よいひと”。同じ女である私がいうのもおかしいけれどね。

今日は、久しぶりに母に電話しようかな。

Licensed material used with permission byManon de Jong

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!

関連する記事

女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...
あくまでも私の考えなんだけど、女の方が妄想力がすごいんじゃないかって。たとえば、好きな人との楽しいデートを想像してみると…理想のキスシーンに理想の言葉。め...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
「え、なんでこんな場面切り取ったんだろう?」って、思うような、女性たちの本当にリアルな銭湯でのできごと。
・男性の前だけ「頼りない女」を演じる・陰口や噂話など、他人を貶める話が好き・裏表があるこれらはいわゆる「これだから女は…」と言われるような、女性のネガティ...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
男女間のトラブル、すれ違い、理解できないことをすべて解決!そのストレスをすべてなくします。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第九回のテーマは「結婚の目的」です。
「女は追われる恋愛の方が幸せになれる」なんて言うけれど、そんなのできたら苦労しない。男の人って追ったら逃げていくし、でも「好き」な気持ちは抑えられない。そ...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
結婚する夢の意味とは?相手、シチュエーション、心理別に夢占いの専門家が解説します。
ねえ、昆布ってどのコーナーにあるの?そんな他愛もない質問に真剣に答えてくれる唯一の存在が「お母さん」。何かあったらすぐはなしを聞いてもらいたくなる存在が「...
普通に恋したいし、駆け引きなんて私には無理。なれないってわかってるのに、なぜこんなにも恋の駆け引きが上手な女性に惹かれてしまうのかな。もしかしたら、Cri...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。ちょっとした言動から、男性を虜にしてしまう…そんな女性に出会ったことがあ...
離れて暮らすお母さんと、絆を維持する方法5選。「いつでもあなたを想っていますよ、忘れてませんよ」と、行動で伝えましょう。
4月19日の会見にてNY州知事は「結婚許可証をリモートで取得するのを認め、事務局員はリモートで結婚セレモニーを行うことを法的に認める」と宣言。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
「お姉さんですか?」これまでお母さんと出かけた時、何度かそう聞かれたことがあった。お母さんは照れ臭そうに「違います」と言っていたけど、私は「姉妹に見える」...