橋の下の「スキマ」をオフィスにしちゃった男

都会はどこでも土地不足。

でも、その問題をまさかのアイデアで解決しちゃった人物がいます。バレンシア在住のデザイナーFernando Abellanas。彼が「オフィス兼居住スペース」だと言い張るこの空間、よーく見れば見覚えあるカタチ…。

ちゃっかり、
橋桁(はしげた)に居候

Photo by Jose Manuel Pedrajas

わかります?橋桁の真裏ですよ。

まさしく「秘密基地」な、Fernandoだけの空間。小さいけれど居心地よさそう……とは、到底思えないんですけど(苦笑)。

Photo by Jose Manuel Pedrajas

秘密空間は、橋桁の壁に家具を直接ボルトで固定していくというもの。設計からデザイン工事まで、すべてたった一人。

Photo by Jose Manuel Pedrajas

壁と床がないから、ぱっと見、空中に浮かんでいるよう。

Photo by Jose Manuel Pedrajas

ここに、反対側の橋桁に設置してあるゴンドラのような木箱に乗り、手動ハンドルを回しながら近づけていけば、ちゃ〜んと空間の壁と床として機能するんだそう。斬新すぎる発想力についていけない…。

それなりに、居心地良さそう

Photo by Jose Manuel Pedrajas
Photo by Jose Manuel Pedrajas

Fernandoにとっての自分空間は、少年時代、机の下にとっておきの秘密基地をつくる日々から始まっていたようです。

「こっちからは車や周りの景色が見えるけど、彼らは僕に気づかない。周りの視線を気にせずいろいろ観察できて、なんだかホッとするんだよね」

きっと、この家と呼んでいいのかわからない空間も、彼にしてみればその延長のようなもの。

Photo by Jose Manuel Pedrajas
Photo by Jose Manuel Pedrajas

夜だってランプひとつ灯せば、こんなに明るく快適そう。眠くなったら?布団を持ち出して寝床を作っておやすみ。

場所はナイショ!

Photo by Jose Manuel Pedrajas

にしても、ですよ。

Fernandoは詳しい居場所を明かそうとはしません。秘密空間だけにこれがどこにあるかは内緒だそう。誰かに見つかってものが盗られたり、行政に見つかって、撤去でもされない限り(行政にも内緒で作ったそうだし)、しばらくはこのアジトの予定だとか。

でしょーね。

Licensed material used with permission by Jose Manuel Pedrajas, Fernando Abellanas, Fernando Abellanas

関連する記事

イーストロンドンのリージェント運河沿いに建築された「H-VAC」は、まさに、オトナの秘密基地。パッと見は、空気ダクトにしか見えない。しかし、内部は、ロフト...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
1883年に完成し、アメリカで最も古い吊り橋の1つでもブルックリン橋。NY拠点のデザイン事務所「nooyoon design」は、ブルックリン橋の新たなリ...
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
2020年初夏、JR新橋駅から有楽町駅間の高架下に新たな商業施設「日比谷OKUROJI」がオープン。
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
道路を横断するアーチ状の橋。少しでもトナカイたちが安全に移動できるようにと、スウェーデン政府が着工に取り掛かったトナカイ専用の橋だ。クリスマスプレゼントを...
誰にだって人には言えない秘密があるもの。そんなセンシティブな話を集めたイラストレーターがいる。100人から秘密を教えてもらい、それぞれの後ろ姿を描いた。「...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...