中国・長沙にかかる「縁結びの橋」がまるでジェットコースター

男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラックスも、パリ・セーヌ川にかかる橋は多くの映画における重要な舞台だし、ものがたりの二人にあやかろうと、ロケ地で“橋詣”に興ずるカップルも少なくないはず。

さて、その流れで言うと中国・湖南省にできたばかりのこの橋は、まだ映画の舞台にこそ登場してはいないものの、縁結び効果絶大(?)かもしれない、今後注目の橋として覚えておいていただきたい。いつの日かカップルの聖地にだってなれるかも。

世界一型破りで美しい、
3層に波打つ橋

湖南省・長沙市に誕生したこの赤い橋梁。遠目からは、しなやかにうねる龍の背を模したようにも見えますが、近づいていくとその3D感に虚をつかれるに違いありません。だってほら、こんなにウェービーだし。いったいどうやってここを渡るの?

開通からまだ3ヶ月足らずというのに、この「Lucky Knot」はすでにCNNが「世界で最も型破りで美しい橋」に選出、いま国内外から観光客を集める注目スポットなんだそう。

最大高低差24メートル
ジェットコースター状態

全長約185メートル、高さ24メートルの歩行者専用橋は、実際には3つの別個の橋をからみ合わせて造られた構造で、それぞれの橋は5つのポイントで重なり合い、8つの出入り口から歩行者は自由にアクセスできる設計。もう、ほとんどジェットコースター状態なアップダウンだけど、これも単なる橋としての機能だけでなく、プレイグラウンドの延長として市民の健康促進も兼ねた設計を狙ってのものだとか。

中国の伝統装飾が、
縁と絆をかたく結ぶ

近年、急速発展をみせる長沙市でも新興エリアと都市部をつなぐインフラとして、この橋の建設はキープロジェクトだったようです。設計を担当したNEXT architectsによると、レクリエーションとエコロジーを融合させた機能に、中国の伝統装飾のひとつ「Lucky Knot(ラッキーノット)」をデザインに応用したそう。

「アジアンノット」や「中国結び」とも呼ばれるこの結び方。1本の赤い紐を切らずに結ぶことで装飾的な結び目をつくっていく方法は、お守りやネックレスで目にしたことがあるでしょう。

結び目がどこから始まり、どうつながっているのか分からないつくり。その幸福と繁栄を表す赤い結び目がこの橋の上で、下で、幾重にも重なり合う。行ったり来たりのLucky Knotを渡っているあいだに、いつしか二人の縁も絆も、きっとかたく一つに結ばれていくことでしょう。

橋の欄干部には「満月門(ムーンゲイト)」が。ここにも中国建築の伝統が生かされている。

ちなみに、中国8大料理のひとつに数えられる湖南料理は、あの四川料理よりも辛いことで有名。刺激的な辛味と縁結びを求める二人なら、旅行の選択肢に長沙はアリだと思うけどなぁ。

Licensed material used with permission by NEXT architects

関連する記事

今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
中国のスマートシティ雄安新区の都市計画コンペで、スペインの「Guallart Architects」が「自給自足都市」を設計し、見事に優勝。その未来都市っ...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。中国「工芸茶(造形茶)」のご紹介。
中国の「マクドナルド」からニューノーマルなハンバーガーが発売。「給利奧餐肉堡」と名付けられたこのバーガーは、なんとあのクッキーの「オレオ」と「スパム」が挟...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。