中国・長沙にかかる「縁結びの橋」がまるでジェットコースター

男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラックスも、パリ・セーヌ川にかかる橋は多くの映画における重要な舞台だし、ものがたりの二人にあやかろうと、ロケ地で“橋詣”に興ずるカップルも少なくないはず。

さて、その流れで言うと中国・湖南省にできたばかりのこの橋は、まだ映画の舞台にこそ登場してはいないものの、縁結び効果絶大(?)かもしれない、今後注目の橋として覚えておいていただきたい。いつの日かカップルの聖地にだってなれるかも。

世界一型破りで美しい、
3層に波打つ橋

湖南省・長沙市に誕生したこの赤い橋梁。遠目からは、しなやかにうねる龍の背を模したようにも見えますが、近づいていくとその3D感に虚をつかれるに違いありません。だってほら、こんなにウェービーだし。いったいどうやってここを渡るの?

開通からまだ3ヶ月足らずというのに、この「Lucky Knot」はすでにCNNが「世界で最も型破りで美しい橋」に選出、いま国内外から観光客を集める注目スポットなんだそう。

最大高低差24メートル
ジェットコースター状態

全長約185メートル、高さ24メートルの歩行者専用橋は、実際には3つの別個の橋をからみ合わせて造られた構造で、それぞれの橋は5つのポイントで重なり合い、8つの出入り口から歩行者は自由にアクセスできる設計。もう、ほとんどジェットコースター状態なアップダウンだけど、これも単なる橋としての機能だけでなく、プレイグラウンドの延長として市民の健康促進も兼ねた設計を狙ってのものだとか。

中国の伝統装飾が、
縁と絆をかたく結ぶ

近年、急速発展をみせる長沙市でも新興エリアと都市部をつなぐインフラとして、この橋の建設はキープロジェクトだったようです。設計を担当したNEXT architectsによると、レクリエーションとエコロジーを融合させた機能に、中国の伝統装飾のひとつ「Lucky Knot(ラッキーノット)」をデザインに応用したそう。

「アジアンノット」や「中国結び」とも呼ばれるこの結び方。1本の赤い紐を切らずに結ぶことで装飾的な結び目をつくっていく方法は、お守りやネックレスで目にしたことがあるでしょう。

結び目がどこから始まり、どうつながっているのか分からないつくり。その幸福と繁栄を表す赤い結び目がこの橋の上で、下で、幾重にも重なり合う。行ったり来たりのLucky Knotを渡っているあいだに、いつしか二人の縁も絆も、きっとかたく一つに結ばれていくことでしょう。

橋の欄干部には「満月門(ムーンゲイト)」が。ここにも中国建築の伝統が生かされている。

ちなみに、中国8大料理のひとつに数えられる湖南料理は、あの四川料理よりも辛いことで有名。刺激的な辛味と縁結びを求める二人なら、旅行の選択肢に長沙はアリだと思うけどなぁ。

Licensed material used with permission by NEXT architects
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾に続き、今回も中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...