激辛料理

兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
大分県日田地区の「葉わさび」と、九州産「唐辛子」をペーストにして掛け合わせた川津食品「わさびペッパー」。異なる辛味成分をひとつにした、斬新な辛さが楽しめます。
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
ふと会社のSlackを見ていたら、やけに「🔥🔥🔥」の絵文字が飛び交っているチャンネルを発見。#club-gekikara。主な活動内容は「辛さ・痺れ・旨み...
津軽で400年以上前から栽培されてきた在来種の唐辛子「清水森ナンバ」を使ってつくる「グリーンカレーペースト」。辛さのなかにもやらわかい甘みを感じる調味料です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
冷蔵庫を開けたとき、目ぼしい食材がニンジンしかなかった。それでもお腹を満たしたいし、おいしいモノを食べたい!そんなニーズを叶える「しかない料理研究家」の五...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
タバスコ®ブランドから7年ぶりの新作。シリーズ一辛い「スコーピオンソース」
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...