青唐辛子でなく、黒コショウでつくる「生ゆず胡椒」

「激辛」を売りにする調味料は世にあまた。けれど、舌先が痺れたり、ノドから火を吹いたり、滝のような汗が噴き出すだけの、そんな罰ゲームでしかない激辛に満足していませんか?

2020年の激辛は、それだけじゃ物足りない。
ちゃんと「おいしい」が大前提!

ここに紹介するのは、単に料理を辛くするためのツールじゃありません。辛くてとびきりウマイ一品。これを「NEO激辛調味料」と定義します。

唐辛子は不使用
「黒胡椒」でつくる母の味

「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」中身
©2020 NEW STANDARD

「ゆず胡椒」といえば、一般的には青ゆずの果皮と青唐辛子を塩で漬け込み熟成させたもの。けれど「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子ではなく黒胡椒を用いて辛さを引き出します。文字通りのゆず&胡椒というわけ。

福岡県北部の宗像で暮らすフミ子さんが、家族のためにつくり続けていた家庭の味。“風味”を大切にした他にないゆず胡椒を、今度は息子さんが大切に守り続けています。

🔥イチオシ料理はコレ🔥

唐辛子とは一味違う、舌にしびれる心地よい辛さと爽やかさは、和洋折衷どんな料理にも合うのですが、オススメはイタリアン。

「オリーブオイルとの相性は特筆もの」とメーカーも推奨するだけあって、オイルパスタのソースに加えたり、グリル野菜のマリネやカルパッチョに添えれば、黄ゆずの清涼感が弾けるように広がってブオニッシモ!

激辛レベル:★★★★☆

フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒

55g 1350円(税込)

フミ子印
https://fumikonoyuzukosho.stores.jp/

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
大分県日田地区の「葉わさび」と、九州産「唐辛子」をペーストにして掛け合わせた川津食品「わさびペッパー」。異なる辛味成分をひとつにした、斬新な辛さが楽しめます。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
津軽で400年以上前から栽培されてきた在来種の唐辛子「清水森ナンバ」を使ってつくる「グリーンカレーペースト」。辛さのなかにもやらわかい甘みを感じる調味料です。
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
チョコレートの香りと醤油のコクをイイトコどりした至高の調味料が誕生。バレンタインの変わり種ギフトにもぴったり!
アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。