冷奴の隠し味「かんずり」の魅力! ゆず胡椒好きは必見

食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力料理がグンとおいしくなる使い方を紹介しましょう!

「かんずり」って何なの?

かんずりは、新潟県妙高市にある「有限会社かんずり」が手掛ける知る人ぞ知る発酵調味料。

地元産の大きくて肉厚で辛さにも深みがあるかんずり専用の選び抜かれた赤唐辛子に、糀・ゆず・食塩を加えて丁寧に作られます。収穫間もない赤唐辛子を塩漬けにして寝かせた後、雪にさらして塩抜きをし、さらに糀・ゆず・食塩を加えじっくりと発酵させ旨味を増していきます。

唐辛子の苗作りから商品が出来るまで約3年もの長い期間をかけて大切に作られる発酵調味料が「かんずり」なのです。ゆず胡椒よりも旨味が強く、独特の辛味があります

かんずりの
美味しい使い方

01.
味噌汁や鍋、スープ料理に!

鍋料理のつけダレや、味噌汁の隠し味にちょっと加えるだけで旨味が増してとっても美味しくなりますよ。ピリッとした辛味は和食はもちろんエスニック料理との相性も良く、水餃子やワンタンなどのスープに少々加えて楽しむのもオススメです!

02.
そうめんや冷奴などの
薬味として!

そうめん、ざるうどんにも合うかんずり。生姜やミョウガ、大葉、細ネギなどと一緒につゆに加えて食べるだけで、シンプルないつものお料理がグレードアップ! 岩のりや大根おろしにかんずりをちょっと混ぜて冷奴にのせるだけで、とっても美味しいお酒のおつまみにもなりますよ。

03.
他にも様々な
料理の隠し味に!

餃子や春巻きの肉ダネに混ぜる、ペペロンチーノやアラビアータなどのパスタに混ぜる、生姜焼きやタンドリーチキンなどの肉料理の下味として使う、タバスコ代わりにピザに使う…などなど、他にもかんずりの使い途は実に様々。激辛ではなく旨味の強い独特の辛味は一度味わうとやみつきに!

新潟のキレイな空気と水、豊富な積雪の中で手間暇かけて作られるかんずりを使えば、今までの定番料理がもっと美味しくなること間違いなし。発酵食品は腸内環境を整える働きが期待できるので、美容と健康にもオススメです。きっとゆず胡椒とはまた違った美味しさを発見できますよ。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
スキューバダイビング指導団体「PADI」が、エコフレンドリーなアクティブウェアを生産する企業「Rash'R」と協力し、海から回収されたプラスチックボトルを...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に鍋底の焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか。酢?砂糖?塩?醤油?味噌?こしょう?
料理の味を左右する「調味料」。気になるあの人たちの“イチオシ”を紹介してもらいます。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。