「日本一」の栄光をつかんだ青森発「グリーンカレーペースト」

「激辛」を売りにする調味料は世にあまた。けれど、舌先が痺れたり、ノドから火を吹いたり、滝のような汗が噴き出すだけの、そんな罰ゲームでしかない激辛に満足していませんか?

2020年の激辛は、それだけじゃ物足りない。
ちゃんと「おいしい」が大前提!

ここに紹介するのは、単に料理を辛くするためのツールじゃありません。辛くてとびきりウマイ一品。これを「NEO激辛調味料」と定義します。

津軽の在来とうがらしでつくる
グリーンカレーペースト

©2020 NEW STANDARD

青森県弘前市の創作アジア食堂「弦や」が開発した「清水森ナンバ グリーンカレーペースト」。「清水森ナンバ」とは、津軽で古くから栽培されてきた在来種の唐辛子のこと。辛味成分カプサイシンが普通の唐辛子より少なく、キレのあるストレートな辛さのなかにもやわらかい甘さを感じます。

ここに同じく津軽育ちのレモングラスをふんだんに使用し、ガランガル、コブミカンの葉、エビペーストなどで味を整えた和製グリーンカレーペーストは、輸入モノのような塩っぱさや香料のような強烈な香気がありません。

2015年に開催された「ご当地グリーンカレーレシピコンテスト」において、同ペーストを使った「清水森ナンバ グリーンカレー」が、最優秀賞を獲得。見事、初代日本一に選ばれました。

🔥イチオシ料理はコレ🔥

炒め物に加えてもおいしいグリーンカレーペーストですが、オススメはペーストを加えた「ヴィネグレットソース」でいただく温野菜。

サラダ油にワインビネガー、塩、胡椒、カレーペーストを少々。熱帯のモンスーンを鼻先にビシビシ感じるドレッシングのできあがり!

激辛レベル:★★☆☆☆

清水森ナンバ グリーンカレーペースト(弦や)

75g 800円(税込)

Top image: © 2020 NEW STANDARD