「TABASCO」シリーズの「最辛」傑作

ホットソースの代名詞であるマキルヘニー社のタバスコ®ブランドから、この夏、7年ぶりとなる新作「タバスコ®スコーピオンソース」(60mlと150mlの2サイズ)が登場して話題となっている。

オリジナルの約10倍の辛さを生み出すのは、サソリの針の形状に由来するスコーピオンペパー。一滴口にすればたちどころに汗が噴き出してくる。たしかに辛い。

が、いたずらに舌を麻痺させたり、喉をかきむしりたくなるような類の激辛系ソースとはわけが違う。パイナップルやグアバを加えることで、刺激のなかにもフルーティな甘さや旨みがしっかり内在している。

単なるガマン比べや怖いもの見たさ、エンタメ感覚だけで激辛を楽しむことが悪いわけじゃない。

だけど、前提として「辛くてもおいしい」をちゃんと演出してくれるのが定番ブランドの心意気。パッケージに「世界一辛い」なんて冠も「ドクロ」のロゴも不要なわけだ。

Top image: © TABASCO®BRAND
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

大分県日田地区の「葉わさび」と、九州産「唐辛子」をペーストにして掛け合わせた川津食品「わさびペッパー」。異なる辛味成分をひとつにした、斬新な辛さが楽しめます。
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
江戸時代、徳川家にも献上された飛騨山椒をたっぷり使った「山椒七味」。香り、辛さ、痺れのバランスが秀逸な七味唐辛子です。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
唐辛子、花椒、クミン、ニンニク…あらゆる中華スパイスを配合したユウキ食品「中華クリスピーチキンシーズニング」。
福岡県宗像市に暮らす母(フミ子さん)が、家族のためにつくった「ゆず胡椒」。その味を引き継いだ息子。「フミ子の生ゆず胡椒 大吟 黒」は、青唐辛子でなく、黒胡...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。