「スタバ」の新商品は決済できる「ボールペン」

「超」がつくスタバユーザー必見の“新商品”がリリースされた。

9月25日、スターバックスは公式オンラインストアにて、かざすだけで決済できる「Starbucks Touchシリーズ」の新商品「The Pen」の発売を開始。スマホケースから始まったシリーズ第4弾は、その名の通り「ボールペン」としても利用できる。

この「Starbucks Touch The Pen」は文具メーカーのゼブラが協力し、構造の設計からデザインしたボールペン型の非接触決済ツール。「FeliCa」が搭載されており、かざすだけで支払いができる。

濃い茶色のインクは、スタバらしくドリップコーヒーをイメージ。市販の「ゼブラNJK-0.5芯」で代替も可能だ。

カラバリはシルバー、ブラック、ホワイトの3色。価格はカード入金1000円込みで5320円(税込)。10月1日からは、増税に伴い5400円(税込)となる。

チャージは「My Starbucks」に会員登録してオンライン入金で対応するのが便利だろう。

スタバで作業をするとアイデアが止まる所を知らない……そんなスタバフリークであれば、そのアイデアをメモに書き出すペンさえもスタバで揃えてみると良いかもしれない。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スタバがコラボした限定商品ってだけで、購買意欲がそそられちゃいます。
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
つい先日、スターバックスが店内の無料Wi-Fiを使ってのアダルト動画検索および視聴をブロックしたと発表。この動きに対し、アダルト業界も黙ってはいません!
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
2020年春、新宿御苑のレストハウスが「スターバックスコーヒー」にリニューアル。
「アンハッピーセット」は、気分がアガらないとき用のバーガーキングの新商品。「むかつく」や「イライラ」など、つらい気持ちを表現した5つのパッケージを用意して...
「Inspired by STARBUCKS」は、従来の店舗とは違う、新たなスタイルのスターバックス。ビールをはじめとするアルコール類など、ここだけのオリ...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。