中国の幼稚園には「ロボット先生」がいるんです

喋るロボットなんて珍しい時代ではありません。昨年ローンチされた「Keebo」が一線を画すのは、実際に中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍しているところ。

マスク部分にスクリーンが付属したこのロボットは、身長60cmほど。7歳以下の子どもたちに向けています。

歌ったり、踊ったり、計算したりと、芸の幅はかなり広い。「China Xinhua News」の取材に応じた園長先生の話によると、朗読の時間などに役立っているそう。これだけできれば、立派なアシスタントですね、うん。

すでに、600以上の幼稚園で採用されているというのもオドロキです。

Top image: © iStock.com/real444
元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どもの...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
世界が注目する、熊本の「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「HIBINOSEKKEI + Youji no Shiro」。幼児施...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
初めて幼稚園へ行く朝、緊張してスクールバスに乗りたがらない娘のMollyちゃんのために、恐竜の着包みをかぶって喜ばせたお母さん。その姿には地元のメディアま...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えています。ここで紹...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...