「しばらく、ひとりにさせてください」。このテント、どこで使う?

ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。

そんなみなさんに、素敵なプライベート空間をご案内。

その名も「The Pause Pod」。快適な「休憩時間」を過ごすためのアイテムです。

座っても寝転んでもOK
「ひと休み」しよう

Ae5e5c90655c60c9a713d74b1a4a13c00c9b12d9

「The Pause Pod」は、ちょうどひとり用の小さなテント。この中に入ってゆっくり落ち着ける、というわけです。

座って瞑想しても良し、足の部分を引っ張り出せば寝転ぶこともできます。

9c53c10f4e42b0731f25e1e7fb405dab5c33c1e5

足の部分を引っ張り出して、寝転んだり、

95b316d1fb1e8cf7e8055640db643a67be23630c

天井の部分にタブレットを取り付けて好きな映画を見たり、

D096c5c202cdbe9382be4c5c412630057e167f98

読書をしたり、

6478567c66d04b69130c2a1d59142b1c29e005df

誰にも邪魔されずに仮眠を取るのもいいですね。

こっそりオフィスに
持ち込んでみる?

929fb7c37747110585e95889cdb5f55e5dcd8fd72fab0d42e8f65890d1af8e3d0e3dd1a6cb72dfe9

設置も、ポップアップ式で簡単。遮光性に加えて通気性もいいので、天気のいい日でも蒸れることなく快適に過ごせそうです。デジタルデバイスを持って引きこもりできるよう、コードを通すための穴も空いているという親切ぶり。

重さは約2kgで、小さく折りたたんで専用のケースに入れれば、肩にかけて持ち運ぶこともできます。

テントから抜けられなくなる
便利なアイテムたち

ひとりの時間を“穏やか”に過ごすための便利グッズたちもセットでついてきます。たとえば…

8ce700db817b29d09746b4b3f4aa81e0c4e561ec

#1 The Mini Pause

外界からの音をシャットアウトするイヤマフと、光を通さないアイマスクを一体にしたもの。

669ded8b18b73f2e28a560c4b6f4c0345f0bc1e7

#2 Star Sky 

日常生活ではなかなかゆっくり見ることのない「星空」を。天井に設置してスイッチを押せば、瞬く間に星がきらめきます。

64736a41ffdd7bb98439b513eefbcd4767d84e36

#3 Pod Cinema 

タブレットをとりつけて、Netflixを寝ながら見ることができます。天井に付けて、プライベート映画館を作ってみては?

現在、Kickstarterで支援を募集中。好きなグッズをひとつ選んで156ドル(約1万7千円)。全部セットなら256ドル(2万8千円)。

いつでもどこでもプライベート空間をセットアップしたい人は、ぜひ。

Licensed material used with permission by Pause Pod
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
職場で昼寝したいけど、なかなかいい場所がない。そんな悩みを解決してくれるのが、ギリシャの建築事務所「NL Studio」が開発したオフィスデスク。一見普通...
「SILENTMODE」は、アイマスクの役割を担いつつ、クッションが付いているのでネックピローのように使うことができます。また、耳の部分にはスピーカーが搭...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。そのペグバッグは、ハンドルがあって軽量なので普...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
一風変わったグランピングが楽しめるこの施設は、2017年3月に幕を閉じた少年自然の家(静岡県・沼津)をリノベーションし、10月にオープンしたばかり。大人の...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...