「しばらく、ひとりにさせてください」。このテント、どこで使う?

ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。

そんなみなさんに、素敵なプライベート空間をご案内。

その名も「The Pause Pod」。快適な「休憩時間」を過ごすためのアイテムです。

座っても寝転んでもOK
「ひと休み」しよう

「The Pause Pod」は、ちょうどひとり用の小さなテント。この中に入ってゆっくり落ち着ける、というわけです。

座って瞑想しても良し、足の部分を引っ張り出せば寝転ぶこともできます。

足の部分を引っ張り出して、寝転んだり、

天井の部分にタブレットを取り付けて好きな映画を見たり、

読書をしたり、

誰にも邪魔されずに仮眠を取るのもいいですね。

こっそりオフィスに
持ち込んでみる?

設置も、ポップアップ式で簡単。遮光性に加えて通気性もいいので、天気のいい日でも蒸れることなく快適に過ごせそうです。デジタルデバイスを持って引きこもりできるよう、コードを通すための穴も空いているという親切ぶり。

重さは約2kgで、小さく折りたたんで専用のケースに入れれば、肩にかけて持ち運ぶこともできます。

テントから抜けられなくなる
便利なアイテムたち

ひとりの時間を“穏やか”に過ごすための便利グッズたちもセットでついてきます。たとえば…

#1 The Mini Pause

外界からの音をシャットアウトするイヤマフと、光を通さないアイマスクを一体にしたもの。

#2 Star Sky 

日常生活ではなかなかゆっくり見ることのない「星空」を。天井に設置してスイッチを押せば、瞬く間に星がきらめきます。

#3 Pod Cinema 

タブレットをとりつけて、Netflixを寝ながら見ることができます。天井に付けて、プライベート映画館を作ってみては?

現在、Kickstarterで支援を募集中。好きなグッズをひとつ選んで156ドル(約1万7千円)。全部セットなら256ドル(2万8千円)。

いつでもどこでもプライベート空間をセットアップしたい人は、ぜひ。

Licensed material used with permission by Pause Pod
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!