移動式、たゆたうテント。

当たり前だけど、キャンプのときにテントを張るのは大地の上。ま、最近はハンモックのように木を支柱にして空中テントでステイなんてことも可能ですが。こうした体験よりもさらに非日常感を味わいたいアクティブなアウトドア派は、もうすでにチェックしているかもしれません。

そう、テントを水上に張る。

安心してください。
「頑丈」にできています

水面をたゆたうテント「Shoal Tent」、移動式…と呼んでいいかどうかはさておき、「夜中に寝ていたら、テントが水に沈んでた」なんてことは、ないそうです。一応。

空気でベースをゴムボートのように膨らまして浮力を得る設計。当然ながら耐水性のある頑丈な素材で作られてはいるようですけどね。テント全体を支えるポールは存在せず、もちろんペグを打つ必要もありません。リリースに目を通す限り、強風にも十分耐えられる設計だそう。……一応。

まあ、アンカーでも落とすか、しっかり岸の木の幹にでもくくりつけておかない限り、目を覚ましたら下流まで流されていた…なんてことにもなりかねません。実際のところは、ちゃんとアンカーがついていて、これを落として漂流を防ぐそうです。

ところで、膨らんだテントの床はエアーベッドのようなつくりだそうで、水面あるいは水の下まで体重で沈みこむといった心配も、ある程度の体重までならなさそうです。

実際のところはウォーターアクティビティの際の日よけとしての使い方のほうが正しいのかもしれませんね。

新感覚アウトドア体験、やってみたいけど、ここで一夜を明かすのはやっぱりちょっと勇気がいるかなあ。

Licensed material used with permission by SmithFly

関連する記事

「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
「第二次キャンプブーム」とも言われている昨今。「テント」も多種多様なものが登場。もちろん寝床としての機能を備えながら、あわよくば新しい働き方であるテレワー...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
フランスのアウトドアメーカー「デカトロン」が発売するテント「2 Secondsシリーズ」。“いかに簡単に建てられるか”という命題を探究し続け、2秒で建てら...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...