ひとり図書館チェア

初恋の人は、図書室によくいる人だった。
その子はいつも窓際に座っていた。
半分開いた窓から風が吹き込むと、長い髪が揺らぎ、そのときだけちらっと横顔が見える。その瞬間を逃すまいと、僕の視線は本とその子を行き来していた。

 

大人になったいま思うのは、なにかに没頭している真剣な表情は、年齢や性別、容姿に関係なく、とても美しいということ。とくに本は、表紙をめくった途端、想像の世界に入り込んでいくから、他人を意識していない無防備な表情になり、いっそう美しさが増すのだと思う。

そんな人たちが集う図書館は、サンクチュアリだ。

わたしだけの……

© 2018 YANGSIYOUNG
© 2018 YANGSIYOUNG

韓国人デザイナーのsiyoung yangさんも、そんな本の世界に魅了された一人。

リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、本の世界にどっぷり浸ることができる家具をつくりたい。そうして生まれたのが、この「My Library Chair」。

学生時代に僕が投げていたような邪魔な視線もない、わたしだけの図書館。わたしだけのサンクチュアリ。

© 2018 YANGSIYOUNG

オフのオフ

© 2018 YANGSIYOUNG
© 2018 YANGSIYOUNG
© 2018 YANGSIYOUNG

オフの日、自宅でゆっくり過ごしていても、洗濯や料理などやることは多い。

キッチンが、オフのときのオンならば、この椅子は、オフのオフ。

休日はひとり、ここに座って、ゆっくりと本の世界に浸りたい。

© 2018 YANGSIYOUNG
© 2018 YANGSIYOUNG

ちなみにこれらの椅子はすべてパーソナルオーダーメイド。興味のある人はこちらから。

Top Photo by ©2018 YANGSIYOUNG
Licensed material used with permission by YANG SI YOUNG
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
1937年、アイルランド北部のグウィドーにある図書館が貸し出した『The White Owl』という本が、82年ぶりに返却されました。借りた本人ではなく親...
大自然を体感できるバンクーバー。それでも、都心部ではリラックスできる場所が少ないということで、同都市の図書館に空中庭園が設置されました。
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
世界には、美しい図書館が点在しています。ここに登場するのもそのひとつ。こんなステキな図書館で時間を過ごせたら、本でなく、思わず天井ばかり見上げてしまいそう...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
アメリカのウィスコンシン州、ハドソン在住のトッド・ボルさんが考えた、ある素敵なアイデアが話題を呼んでいます。2009年に彼は、近隣住民と子どもたちのため、...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...