140万以上のデジタルデータが閲覧可能!「ナショナルエマージェンシーライブラリー」開設

アメリカの電子図書館「インターネットアーカイブ」は、140万以上に及ぶデジタル化された本やそのほかのメディアの閲覧の制限を解除した「ナショナルエマージェンシーライブラリー」を緊急開設した。

そもそも「インターネットアーカイブ」では、貴重な資料の拡散を防止するため、特定のデータに同時期にアクセスできる人数に制限を設けている。しかし、米国内で発令された非常事態宣言を受けて、教育関係者などから制限解除の要請が殺到。今回のいつでもどこでも誰もが好きな本を読めるサービスの実施に至った。

現在、当サイトでは、ほかの図書館や一般からの寄付を受けながら、本来なら直接図書館にいかなければ読めない1920年代から2000年代初期に出版された本を優先的にデジタル化。研究や学習に必要なさまざまな文献にどこからでもアクセスできる環境を実現させている。

この施策はひとまず6月30日までの運用としているが、非常事態宣言が解除されるまで継続していく意向とのこと。

多くの人の学びたいという強い想いは、未曾有の事態のなかにあっても決して揺らぐことはないのだ。

Top image: © TierneyMJ/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
11月5日に新しくオープンしたカナダ・アルバータ州のカルガリー公共図書館は、毎日通ってもいいなって思っちゃうくらい居心地がよさそう!

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...