マネキンにだって、多様性を!

たくさんの人が他人と比べることなく、ありのままの体型を受け入れて、自信を持ちはじめています。ま、これをボディポジティビティというのですが、すでに日本でも広がっているように思えます。

現に「ちょっと痩せた方がいいんじゃない?」なんて、もう時代遅れ感のあるセリフですよね。

世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。

見てください、このマネキン!

©NIKE

大ブレイク中のラッパー、Lizzoを思い出しちゃいました。彼女のような自分に誇りを持っている女性のポージングですよね。セクシーです。

……本題から外れましたが、NIKEはプラスサイズのウェアを製造するだけでなく、それを着こなすマネキンをロンドンのNikeTownに設置。人だけでなくマネキンにも多様性を反映させるとは、お見事です。

Top image: © NIKE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
「NIKE」が提供するシューズカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」のラインナップに、速さにこだわったデザインと素材を使用する「ナイキズームシリー...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...